大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

喜寿のお祝いに旅行をプレゼント!行き先や計画はどうする?

2019.10.19

人生の節目となる喜寿のお祝いには、とっておきのプレゼントをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

どんな贈り物をしたら良いかと悩んでいるなら、旅行のプレゼントを検討してみてはいかがでしょう。

今回は、喜寿のお祝いに旅行をプレゼントすることになった場合のおすすめの旅行先や、注意しておくべきポイントのほか、心に残る思い出作りについてのアイディアなどもご紹介します。

喜寿とは?お祝いにあたって知っておきたい基礎知識

喜寿とは、七十七歳の歳祝いのことです。

数え歳で七十七歳になったときの長寿のお祝いで、還暦(六十歳)や古希(七十歳)に継ぐ歳祝いとしてよく知られています。

昔は今ほど長命ではなかったので、喜寿の七十七歳といてば大変な長生きとされていました。

赤いちゃんちゃんこでよく知られるように還暦のお祝いの色は「赤」ですが、大変な長生きとなる七十七歳のお祝いは最も高貴な色とされる「紫」がお祝いの色とされています。

喜寿のお祝いはまさしく長生きの喜ばしいお祝いとして盛大に催されていたようです。

現在は、七十七歳と言えばまだまだ心身ともに健康でアクティブに過ごされている方が多くいる時代となりました。

食事会や旅行などお祝いの内容は様々ですが、現在の喜寿の歳祝いは、長生きという意味合いを超えてこれからも元気に暮らすための節目のお祝いとして催されています。

喜寿のお祝いに旅行をプレゼントしよう

喜寿のお祝いといえば、どんなものが選ばれているのでしょうか。

一般的には、家族で食事会をしたり、喜寿のお祝いの色である紫色をテーマにした衣類や小物などのプレゼントを渡したりすることが選ばれています。

また、同じくらい「旅行」もまた喜寿のお祝いとして選ばれることが多いようです。

喜寿のお祝いを準備するのは、子どもである息子さん・娘さんやその配偶者の方々であり、「親の喜寿のお祝いはみんなで一緒に」と計画されることがほとんどです。

せっかくの節目のお祝いだから盛大にやりたい、心に残るような贈り物をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

もし日程や予算が許すのであれば、喜寿のお祝いはぜひ記念の旅行をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

まだまだ元気な方の多い七十七歳、ご自分たちの目で見て体感する思い出は心に残る素敵な贈り物になることでしょう。

喜寿のお祝いに選びたい旅行先のアイディア

喜寿のお祝いに旅行をプレゼントすることになったら、まず決めなければならないのは行き先です。

候補をいくつか挙げて、より良い旅行先を選びましょう。

【新婚旅行で行った場所を再訪】

喜寿のお祝いをする年齢の方々は、ちょうど高度経済成長期で新婚旅行をする文化が根付いた頃で、国内への新婚旅行がさかんに行われていました。

特に宮崎県は新婚旅行先として人気があり、新婚旅行で初めて県外へ遠出する方も多かった時代です。

ご夫婦一緒の旅行なら、新婚旅行で行ったところを再び訪れる、若かりし頃の記憶が蘇る旅はいかがでしょうか。

【温泉地でゆっくりと】

ご家族皆さんでの食事会も兼ねるなら、車で1~2時間以内で行ける温泉地にご招待しましょう。

簡単な観光を織り交ぜながら、美味しいお料理と温泉を堪能してもらい、ゆっくりと家族の時間を過ごすのもまた嬉しい思い出となることでしょう。

【行ってみたかった土地へ】

ふだんの会話で、「こんな場所へ行ってみたい」「こんなことがしてみたい」といった希望を聞く機会はありませんでしたか?

飛行機やフェリーに乗ってみたい、南国に行ってみたい、何かを作る体験がしてみたいといった希望を叶える旅はいかがでしょうか。

旅行の計画で気を付けておきたいこと

喜寿のお祝いの旅行は、ふだんの自分の旅行を計画するよりも気を付けておきたいポイントがあります。

【無理のない旅程を組む】

まだまだ元気とはいえ、喜寿の年齢ともなれば若い人と同じペースでの移動は難しいので、時間に余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

観光はあまり数を多く詰め込まず、歩く距離が長くなるような場所は避けましょう。

自然を満喫できる場所はおすすめですが、段差などに無理が無いか前もって確認しておくと安心です。

【予算組みを明確に】

兄弟やその配偶者とお金を出し合って旅行をプレゼントする場合は、予算の配分や使い道を明確にしておきましょう。

兄弟だからといってなあなあにせず、はっきりと明確になっていれば全員が気持ちよくお祝いをすることができます。

また、予算は宿泊だけでなく移動・食事・その他の細々したものにも配分が必要ですので、余裕をもった予算組みをしておきましょう。

【サプライズはほどほどに】

サプライズのプレゼントは嬉しいものですが、旅行に関してのサプライズ演出は控えめにしましょう。

人は年齢を重ねていくにつれて、急なことに臨機応変に対応しにくくなったり、考え方の転換が難しくなったりすることがあります。

サプライズで急に行き先を変えたり、予定を変更したりするのは避けた方が良いでしょう。

喜寿のお祝い旅行で思い出に残るプレゼント

お祝いの旅行はそれだけで思い出に残るものですが、さらに印象的な素敵な思い出にしていただくためのアイディアをご紹介します。

【写真を撮ってフォトフレームに】

家族で一緒に旅行に行った場合は、ぜひ家族全員での写真を撮りましょう。

旅行から戻ったら、それをフォトフレームに入れてプレゼントすると喜ばれますよ。

スマートフォンを使いこなす方へは、画像や動画など撮影したものをデータで贈っても良いでしょう。

思い出をいつでも振り返って楽しむことが出来るように、アルバム形式にしてまとめておくと便利です。

【宿泊先のサービスを活用】

宿泊施設によっては、お祝い事のためのパックプランが用意されている場合もあります。

料理がグレードアップできたり、お祝いのケーキのサービスなどを行っていたりする場合もありますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

【孫からのお手紙や似顔絵】

家族水入らずで過ごす喜寿のお祝い旅行では、お孫さんと初めて一緒に旅行するという方も多いのではないでしょうか。

夜のお食事会の時などに、お孫さんからお手紙や似顔絵などのプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

大好きなお孫さんからのプレゼントは、旅行や物のプレゼントとはまた違った嬉しさがあるはずです。

旅行以外にも喜寿のお祝いにふさわしい贈り物の数々

旅行以外にも、喜寿のお祝いとして喜ばれるプレゼントの数々をご紹介します。

【喜寿のお祝い色のスカーフやハンカチ】

おしゃれな女性へのプレゼントなら、良い生地が使われたスカーフやハンカチがおすすめです。

いくつになってもおしゃれ心をなくさず元気でいてもらうために愛用してもらえるデザインのものを選びましょう。

スカーフを身に着けて一緒にお出かけしようとお誘いするのも良いですね。

【喜寿の記念の名入りアイテム】

湯飲みや時計などに、喜寿のお祝いの言葉と名前を入れることができます。

お酒の好きな方へは、ご本人の名前が入ったラベルのお酒もおすすめです。

前もって写真を送っておくとお祝いの言葉とともに似顔絵を描いてくれるサービスもあります。

真心こめた喜寿のお祝いで記憶に残る素敵な思い出を

喜寿のお祝いは、人生でそう何度も無い歳祝いの機会ですから、出来る限りのお祝いをして喜んでいただきたいもの。

旅行のプレゼントは事前の計画や段取りもありますから、なかなか手間や時間のかかる一大イベントですが、だからこそ喜んでもらえたらお互いに心に残る良い記念になることでしょう。

お祝いとともに日頃の感謝の気持ちも込めて、素敵な旅行をプレゼントしてくださいね。

 - お祝い, 冠婚葬祭