大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

お寿司屋で差をつける!?マナーある行為で女性の魅力アップ

2019.12.12

由緒あるお寿司屋に行く際、どのようなマナーに注意したら良いのか分からないことがあります。

自分がマナーのない行為をしてしまうことで、一緒にお寿司屋に行く相手にも迷惑をかけてしまうことも考えられます。

また反対に、お寿司屋のマナーを心得ておくと、女性としてより魅力的に見えるのではないでしょうか。

そこで今回は、女性の魅力をよりアップさせるとも言える、お寿司屋に行く際のマナーについてご説明していきます。

お寿司の味も台無しに!?女性は香水をつけないのがマナー

女性の中には、普段香水をつけている方もいるでしょう。

香りで自分を演出することは、おしゃれな女性にとっても良いことと言えますよね。

しかし、お寿司屋に行く場合には、それをつけていることがマナー違反となってしまうため注意が必要です。

香水は、少しつけただけでも周囲にその香りが広がりやすいため、他のお客さんの迷惑になることも想定されます。

特に、香りに敏感なお客さんであれば、より香水の香りが不快に感じるものでしょう。

場合によっては、お客さんからお寿司屋の職人がクレームを受けてしまうかもしれません。

また、香水の香りは、お寿司本来の味を損ねてしまうとも言えます。

他の食事もそうですが、お寿司は目と鼻で楽しむもののため、それを妨げるような香水はつけて行かないのがマナーです。

それから、盲点になりやすいのが化粧品の香りです。

化粧品の種類によっては、香りが強い場合もあるため注意してください。

お寿司屋に慣れている女性こそ注意!?知識を語るのはマナー違反

仕事やプライベートで、お寿司屋に行く頻度が多い女性もいます。

慣れていることで、お寿司屋でのマナーにも精通している印象がありますよね。

しかし、そのような女性こそ注意したいのが、「お寿司に関する知識を語る」という行為です。

例えば、「お寿司は白身魚などたんぱくなネタから食べ始めるのが良い」という知識を耳にしたことのある方もいるのではないでしょうか。

このような、お寿司に関する知識を職場や自宅で語るのは自由ですが、それをお寿司屋さんでするのはマナー違反です。

また、自分の持っているお寿司の知識を語ろうとすると、つい声が大きくなったり話が長くなったりしてしまうことも想定されます。

他のお客さんは、ゆったりした気分でお寿司を楽しみたい方も多いため、このような行為は避けるようにしてください。

お寿司の知識が豊富であるからこそ、マナーのあるスマートな振る舞いをしましょう。

接待中の女性は注意!?「出されたお寿司は早く食べる」がマナー

お寿司屋は、注文の仕方にもマナーがあります。

例えば、お腹が空いているからといって、一度に多くのお寿司を注文するのはマナーに反するため注意しましょう。

回転寿司であれば別ですが、由緒あるお寿司屋では、そのような注文の仕方は控えるのがマナーです。

2艦ずつ出されるお寿司屋であれば、それを食べ終わってから注文するようにしてください。

1艦ずつ出されるお寿司屋であれば、一度に2艦注文しても問題はないと言われています。

しかし、「1艦食べてからなかなか2艦目を食べない」という状態はマナー違反になるため注意が必要です。

また、職人はお客さんが美味しく食べられるよう、タイミングを見ながらお寿司を握って出しているものです。

素人には分からないかもしれませんが、そのタイミングが少しずれるだけでも、お寿司の味を左右すると言っても過言ではありません。

そのため、職人が握って出したお寿司は、すぐに食べるのが望ましいでしょう。

例えば、仕事の接待でお寿司屋に行く場合、つい話に夢中になってお寿司を食べることを忘れてしまう女性もいるようです。

そのような場合、お寿司屋の職人はもちろん、接待する相手にも「マナーがない」と思われてしまう可能性もあるでしょう。

女性はやりがち!?お寿司を食べる際の注意マナー

女性の中には、大きな口を開けてお寿司を食べることに抵抗がある方もいるでしょう。

そのため、「お寿司のネタとしゃりは分けて食べる」という女性が意外にも多いようです。

しかし、お寿司屋では一口で食べるのがマナーと言われています。

お寿司は、ネタとしゃりを一緒に味わうものなので、それを分ける食べ方は控えましょう。

また、「どうしても一口ではお寿司を食べづらい」という女性は、二口で食べきるようにしてください。

一口目が終わったら、なるべく間を置かずに二口目を食べるのがマナーです。

二口で食べる場合、一口で食べるよりもお寿司のしゃりがばらつきやすいため、こぼさないよう注意が必要です。

ボロボロとしゃりをこぼすような行為は、女性としての品格も問われるでしょう。

それから、食べる際にお寿司に手を添える女性もいますが、それもマナーの面で考えると避けたほうが無難です。

このような行為を日常でしている女性もいるため、お寿司屋に行く際には注意するようにしてください。

女性必見!?醤油をネタにつけてきれいにお寿司食べる方法

「お寿司はネタに醤油をつけて食べたい」という女性もいるでしょう。

しゃりに醤油をつけると染み込みすぎてしまうこともあるため、それを避けたいという声も聞かれます。

お寿司は、ネタとしゃり、そして醤油とのバランスも重要ですよね。

また、ネタに醤油をつけて食べる行為はマナー違反ではないと言われています。

しかし、ネタに醤油をつけようとすると、お寿司の形は崩れやすくなってしまうものです。

特に、お箸の使い方があまり上手ではない女性がネタに醤油をつけようとすると、より崩れやすくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、お寿司に添えられているガリを使って醤油をネタにつける方法です。

やり方は簡単で、まずガリに醤油をつけます。

滴らないよう、ガリにつける醤油は少しにすると良いでしょう。

それをお寿司のネタにつけて食べると、形が崩れるのを防ぐのはもちろん、お皿も汚さずに食べることができます。

このような方法はマナー違反にはならないと言われているため、醤油をネタにつけてお寿司を食べたいという女性は覚えておくことをおすすめします。

ただし、ネタに醤油をつけてからしゃりに乗せてお寿司を食べる女性もいますが、それはマナー違反となるため注意しましょう。

お寿司が不衛生になることも!?女性は身だしなみのマナーも大切

女性がお寿司屋に行く際は、身だしなみのマナーにも注意することが望ましいです。

例えば、お寿司屋に行く際は、ジーンズなどあまりラフな服装はおすすめできません。

特に、由緒あるお寿司屋では、それに見合った服装を心掛けるのがマナーです。

女性であれば、きれいめのワンピースやスカート、パンツスーツなどの服装が望ましいでしょう。

服装はもちろん、シワや汚れがついていないかにも注意が必要です。

また、女性の中には髪が長い方もいますよね。

髪が長い女性は魅力的とも言えますが、お寿司屋ではそれが顔にかからない程度に束ねておくのがマナーです。

長い髪が顔にかかると、お寿司を口に入れる際に一緒にそれが混ざってしまうようなことも想定されます。

それだけでなく、長い髪がお寿司や醤油についてしまうと、それだけで不衛生な印象を与えてしまうため注意してください。

お寿司屋では行為や服装にマナーをもっておいしく食事をしよう

お寿司屋には、女性ならではとも言えるマナーがあります。

普段では気にならないような行為も、お寿司さんではマナー違反となってしまうこともあるため注意が必要です。

また、由緒あるお寿司屋に行くとなると、女性としてはおしゃれな服装をしたくなるものでしょう。

しかし、あまり華美なものや露出の高いものを着てしまうと、そのお寿司屋さんの品格を邪魔してしまいます。

自分を美しく見せることは良いことですが、お寿司屋ではマナーのある服装を心掛けましょう。

 - マナー, 寿司・マナー