大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

第一印象が肝心!知っておきたい会社訪問のマナー

2019.12.27

就職活動で会社訪問をする際には、やはり第一印象が肝心ですよね。

身だしなみはもちろん、しっかりとしたマナーを身につけて会社訪問をしましょう。

この記事では、知っておきたい会社訪問の流れやマナー、持ち物などについてお話ししていきます。

これから会社訪問を控えている方は、ぜひ参考にしてください。

会社訪問のアポ取りマナー!伝えること・決めておくこと

就職活動中、気になる企業を訪問し、社員から業務内容などを聞く機会があります。

面接ではないものの、身だしなみや振る舞いなど、それとなくチェックされていることを忘れてはいけません。

気を抜かずに会社訪問に挑みましょう。

まずは、事前に企業の担当者へ連絡して、会社訪問の時間を作っていただく必要があります。

状況に応じて、大学のOBやOGにお願いしてもいいでしょう。

会社によっては、電話だと迷惑をかけてしまうこともあるので、メールで連絡したほうが印象がいい場合があります。

そして、会社訪問の時間を作っていただく際には、朝一などの忙しいと思われる時間帯は避けます。

「平日の火曜日~金曜日で、10時以降16時くらいまで」など、会社の勤務時間を考えて迷惑にならない時間帯を選んでください。

時間を作っていただく際には、以下のことを話しておくといいでしょう。

・名前
・大学名
・学部、学科
・学年
・日程
・場所
※大学で行っていること
※会社訪問の目的

このすべてを伝えると長くなり、場合によっては嫌がられる可能性もあるので、※の項目に関しては状況に合わせて伝えるか判断しましょう。

また、日程や場所については、企業に合わせるのがマナーです。

中には会社訪問がエントリー式のこともあります。

その場合は、企業のHPや就活サイトからエントリーして会社訪問を行うという流れになります。

そのため、気になる企業に関しては、こまめにHPをチェックすることをおすすめします。

会社訪問前の準備

会社訪問の日程が確定したら、事前に準備しておきたいことがあります。

・企業研究
・業界研究
・志望動機を考えておく
・質問をまとめる
・訪問先までの交通手段を調べる

会社訪問はただ企業を訪ねるのではなく、担当者の方に時間を作っていただき業務内容などを聞く機会です。

そのため、失礼のないようにその企業のことをしっかりと下調べしておきます。

また、身だしなみを整えることもマナーの一つです。

(身だしなみについては詳しく後述します)

さらに、忘れ物がないように持ち物をあらかじめ準備しておきましょう。

基本的には、以下のものを用意しておきます。

・A4サイズの書類が入るバッグ
・資料
・筆記用具
・メモ
・履歴書
・写真
・学生証
・ハンカチ
・ティッシュ
・(女性の場合)ストッキングや生理用品

このほかに、スマホとスマホの充電器があると安心ですね。

万が一道に迷ったり、交通機関の乱れで遅刻してしまいそうなときに便利です。

会社訪問を行う際の流れ

会社訪問時、まずは約束の時間通りに行くことが大切です。

早すぎるのもマナー違反になりますので、だいたい5分~10分前到着を目指して向かいましょう。

もしも、コートを着ていたら、企業に入る前には脱いでおくのがマナーです。

企業到着後は受付で名乗り、約束した方の名前と会社訪問で訪れた旨を伝えます。

そして、担当者とお会いできたらしっかりと挨拶をし、時間を作っていただいたことの感謝を伝えます。

その後、社内を案内していただくことになった場合は、すれ違う社員の方に挨拶、もしくは会釈をするようにしましょう。

挨拶や会釈をするだけで、印象はかなり違ってきます。

会社訪問が終了したら、できるだけ当日中にお礼の連絡をします。

基本的には、お礼・感想・参考になった点などを書いてメールで送るといいでしょう。

マナー違反に要注意!会社訪問時に気を付けたいこと

会社訪問時には、マナー違反には特に気を付けたいものです。

まず、予定の時間に遅れていくことは言語道断です。

もしも、交通機関の乱れなど、仕方のない理由でどうしても遅れてしまいそうなときには、必ず約束の時間前までに連絡をします。

次に、企業に到着したらスマホの電源を切るか、マナーモードにします。

万が一面談中に着信がなってしまったら、いい印象を持たれません。

さらに、面談時には、分かり切っている質問はしないようにしましょう。

例えば、企業のHPを見たらすぐわかることなどです。

業務時間内の貴重な時間を割いていただいているのですから、質問の内容には特に気を付けるようにします。

先ほども少し触れましたが、可能なかぎり企業研究をしてから会社訪問に臨みましょう。

できれば企業のIR情報まで下調べしておくと、「熱心に企業研究をしてくれている」と、好印象を与えられるかもしれません。

身だしなみのマナー

会社訪問時に身だしなみを整えることは、マナーの基本です。

いくら企業研究をしっかりと行っていたとしても、身だしなみがきちんとしていないと、やる気がない学生だと思われてしまう可能性があります。

しっかりと身だしなみを整えましょう。

●ヘアスタイル

基本的には、男女ともに派手な色のヘアカラーは避けます。

できるだけ、地毛に近い色が望ましいです。

また、ヘアスタイリング剤は香りが強いものは避けましょう。

男性は襟足が長すぎるヘアスタイルにせずに、長い髪の毛の女性は、おじぎした際に髪の毛が顔にかからないようにすっきりとまとめましょう。

●顔

男性はしっかりとヒゲを剃り、女性はナチュラルメイクを心がけるといいでしょう。

●爪

男女ともに、爪は伸び切っていることがないように、清潔にしておきます。

女性はジェルネイルや付け爪などはしないようにしましょう。

●服装

男女ともに、基本的にスーツです。

色は、黒やネイビー・グレーなどが好ましいです。

事前にほつれや汚れなどがないか確認します。

服装はデザインにこだわるより、清潔感が何よりも重要です。

身だしなみを整えるのは社会人としての基本

会社訪問時はまだ学生だとしても、身だしなみを整えることは、これから社会人になる身としても大切なことです。

引き続き、気を付けたい身だしなみのマナーを確認しましょう。

●服飾品

腕時計はブランド物は避け、シンプルで視認性がいいものにしましょう。

メガネをしている場合は、汚れがないかしっかりとチェックしておきます。

イヤリング、ネックレス、指輪などのアクセサリー類は付けないようにしましょう。

男性のネクタイは、キャラクターや派手な色柄のものは避け、シンプルで、スーツやシャツとマッチするものを選びます。

もちろん、汚れがないかチェックし、ネクタイをするときは長さや曲がり具合などに気を付けます。

●靴・靴下・ストッキング

靴は汚れをしっかりと落とし、かかとのすり減りがないか確認し、綺麗に磨いておきます。

男性の靴下は白などの明るい色を避け、スーツに合うようにダークカラーでまとめましょう。

女性は必ずストッキング、パンプスを履きます。

ストッキングの色は、脚の色味に近いものを選ぶといいでしょう。

●バッグ

A4サイズがすっぽりと入るバッグを用意しましょう。

バッグは床に直置きする機会が多いので、倒れないようなデザインのものが好ましいです。

バッグはシンプルで、スーツの色味に合うダーク色のものを選ぶことをおすすめします。

会社訪問前に準備をしっかりと行おう

会社訪問時、応対の仕方や身だしなみで企業担当者へ与える印象は大きく異なります。

企業研究をしっかりと行ったり、事前に質問内容をまとめるなどすると好印象です。

また、身だしなみを整えることは社会人では基本中の基本です。

下準備をきちんと行って、万全な状態で会社訪問に挑みましょう。

 - ビジネスマナー, マナー