手土産の疑問!賞味期限とマナーで気をつけることとは?

大人になると、ビジネスやプライベートといったさまざまなシーンで挨拶に訪れる機会が増えます。

訪問先では、しっかりとした挨拶と一緒に手土産をお渡しすると気持ちがより伝わりますね。

しかし、手土産によっては、賞味期限が短く急いで消費しなければならなかったり、食べる際に手間がかかってしまったりすることもあるようです。

食べやすさや賞味期限といったことに気をつけて喜ばれる手土産をお渡ししましょう。

では、訪問時のマナーと喜ばれる手土産をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手土産の正しい渡し方とは?紙袋・風呂敷の基本マナー

普段の生活やビジネスシーンで、相手とのお付き合いを円滑にするために「手土産」を渡すことがあります...

ディナーショーに行くときの服装は?夏は暑いから汗に注意!

ディナーショーに行く機会がある方は、その雰囲気に慣れているかもしれませんが、初めて行く方はマナー...

腕時計は社会人必須アイテム?マナーにも関わるその役割とは

腕時計は、「学生などよりも社会人が身につけるもの」というイメージがありますよね。それには、社...

着付けは簡単にできる?夏は浴衣を着て子供と出かけよう!

夏になると浴衣を着てお出かけすることが多くなりますよね。花火大会やお祭りなど浴衣が映えるイベ...

割り箸の割り方にもマナーあり!使い方などのマナーを知ろう

食事をする際、割り箸を使うことは多々ありますよね。そんな割り箸の割り方にもマナーがあるのをご...

お年賀タオルの本数は?熨斗は?渡し方はどうすればいいの?

会社関係では、お正月の挨拶回りにタオルを持参することも多くあります。この時、タオルの本数...

役立つ洋食マナー!ナイフとフォークの正しい持ち方と使い方

洋食などのコース料理では、正しいテーブルマナーが求められます。ナイフとフォークの正しい持ち方...

ナプキンの使い方を学んでレストランで大人の振る舞いを!

大人になると、彼女や彼氏とのデートや友人との食事でレストランを利用する場面があるでしょう。ま...

社会人なら知ってて当たり前!?客先へ訪問する際のマナー!

仕事をしていれば、客先を訪問するような場面がありますよね。訪問する際には、社会人として適した...

箸の持ち方は中指が大事!今さら聞けない正しい箸の持ち方

毎日食事を摂る中で欠かせない箸。箸の持ち方は、会食などでも話題に上る機会も多い関心事です。...

新築を訪問する時の基本的なマナー!おすすめの新築祝いは?

身近な方が家を新築した際、お披露目会などで新居に招待されることがあります。招待されるのは...

ケーキにも食べ方のマナーがある!どのように食べたらよい?

甘くて美味しく、見た目もきれいなケーキは、食べるときワクワクしますよね。そんなケーキですが、...

ディナーショーの服装にマナーはある?60代の着こなしは?

ディナーショーは、歌手やタレントの方の演出が楽しめる上に、美味しい食事もいただけて、いつの時代も...

和食のマナーを覚えよう!食べる順番を守ることがとても大事

和食は、日本の家庭で親しまれている伝統料理です。四季折々の日本の食材を活かした料理は「健...

箸の使い方が悪いなら!矯正にちくわを使ってみてはいかが?

箸の使い方が悪いと、人前での食事で恥ずかしい思いをすることでしょう。食べられれば良いという考...

スポンサーリンク

訪問時の挨拶のマナーとは?手土産を渡すタイミングは?

大切な方に会うべく訪問する際には、手土産を用意するようにします。

手土産は、コミュニケーションツールとして有能なアイテムといえます。

しっかりとした挨拶だけでも気持ちは伝わりますが、手土産をお渡しすることで、気遣いが伝わるため気持ちがより伝わりやすくなるでしょう。

では、訪問準備から手土産をお渡しするタイミングからおいとまするまでの訪問時のマナーをお話ししていきます。

①事前にアポをとる

訪問する際は、相手方に連絡をして、簡単に用件を伝え、相手方の都合を優先して日時を決めます。

日時が決まったら、時間までに到着し、訪問するのは約束の時間から3分から5分遅めにするといいでしょう。

約束の時間より早く到着してしまうと、相手方を焦らせてしまうかもしれません。

②玄関先での挨拶は簡単に

玄関に入る前にコートなどの上着は脱ぎます。

玄関に入ったら、軽く挨拶を済ませてから正面を向いて靴を脱ぎ、お尻を向けないように注意して靴を揃えて隅に置きます。

③席に着く前に丁寧な挨拶をする

部屋を案内されたら、入り口に近い場所で待ち、相手方が到着したら丁寧な挨拶をします。

④挨拶をしたら手土産を渡す

挨拶を一通り終えたところで、両手で手土産を渡します。

食べ物では賞味期限に余裕のある手土産が理想ですが、お彼岸などでは生花を手土産とする場合もあるでしょう。

その場合は、玄関先で「よろしければお部屋に飾ってくださいますでしょうか」と一言添えて、お渡ししましょう。

⑤感謝を伝えて失礼する

用件が済んだら、不必要に長居せずおいとまします。

玄関に向かう前に、感謝を伝えて部屋を出ます。

玄関では、スリッパの向きを変えて玄関の隅に置き、隅に置いた靴を中央に持ってきてから履きます。

玄関を出たら門外で、もう一度感謝を込めて一礼します。

手土産を渡す際のマナーとは?

手土産は、和菓子や洋菓子といった食べ物を用意することが多いですね。

それらの手土産は、多くの場合で、紙袋やビニール袋といった手提げ袋をはじめ、風呂敷などに包んで持参することになります。

その手提げ袋や風呂敷のまま、渡すのはマナー違反となるため、注意が必要です。

手提げ袋や風呂敷には、持参するまでのホコリ除けとしての意味があります。

そのため、手提げ袋のまま、風呂敷に包んだまま渡すのは失礼です。

つまり、手提げ袋や風呂敷などから出して、中身だけをお渡しするようにします。

その際、傷や破れがないか、賞味期限に余裕があるかを最終確認してから、正面を相手に向けて下記の言葉を添えてお渡しします。

・「お口に合うとうれしいのですが」
・「ほんの気持ちですが」

ちなみに、昔は「つまらないものですが」という言葉を使っていましたが、へりくだりすぎてしまう表現のため今ではマナー違反となってしまいます。

なお、手提げ袋や風呂敷はコンパクトにまとめて持ち帰るようにしましょう。

賞味期限が短い手土産はマナー違反?!

手土産を選ぶ際は、賞味期限が大切なポイントです。

特に生ものなど日持ちのしないものは急いで食べなければならなかったり、冷蔵庫の場所をとってしまったりします。

賞味期限が短い手土産は、相手方を焦らせてしまう可能性がありますから、避けたほうがいいでしょう。

また、賞味期限と同様に、気を付けなければならない手土産は、手間がかかる食べ物です。

例えば、ホールケーキやロールケーキ、羊羹、果物などです。

ホールケーキやロールケーキ、羊羹は、ある程度の大きさにカットする必要があります。

また、果物は洗ったり種を取り除いたり、カットしたり、お皿を用意したりと手間がかかるものもあります。

このように、食べるまでに手間がかかるような食べ物は、小分けにしにくくあまりおすすめできません。

ただ、相手方が好物ということが事前にわかっている場合は、これらを手土産にしてもマナー違反ではなく、逆に喜ばれるでしょう。

賞味期限以外に気をつけるべき手土産のポイントとは?

手土産のマナーとして、賞味期限が長いものや手間がかからないものがおすすめということは前項でお話ししました。

そこで、具体的にどのような手土産が喜ばれるのかポイントをお伝えします。

●一口サイズ

一口サイズのお菓子であれば手も口も汚さずに食べられます。

また、一口で食べきれるため、残すことがありません。

●個包装

1つの袋に何個も入っているようなお菓子の場合、一度開封してしまうと、湿気ってしまったり風味が落ちてしまったりします。

そこで、個包装であれば、好きなタイミングで食べられますし、乾燥することもありません。

●数

相手方の人数をカバーできる個数が必要です。

そのため、数に余裕のあるものを選ぶといいでしょう。

●種類

1種類だけで数の多いお菓子は、味に飽きられてしまう可能性があります。

そこで、何種類かの味が楽しめるようなお菓子を選べば、さまざま味を楽しめるため、最後まで飽きることなくおいしく食べられますね。

賞味期限が長く手土産におすすめの洋菓子をご紹介!

これまでは挨拶や手土産のマナーをお話ししてきましたが、ここからは、手土産におすすめのお菓子をご紹介します。

ここでは洋菓子からご紹介します。

【〈シーキューブ〉サクッチ・ホロッチ 24個入り】

サクサクでホロホロの食感が特徴的なチョコサンドクッキーです。

コロンとした見た目から、丸くてかわいらしいので、女性やお子さんが喜ぶお菓子です。

「ミルク」「いちご」「チョコレート」の3種類の味を楽しめます。

賞味期限が約27日と1ヶ月弱あるため、急いで食べる必要もありません。

【〈アンリ・シャルパンティエ〉プティ・ガトー・アソルティ 24コ入り】

一口サイズの焼き菓子が詰め合わせになっています。

・フィナンシェ
・マドレーヌ
・キャラメル
・ピスターシュ
・フランボワーズ
・抹茶
・ミルクチョコ
・フレーズ

これらのバラエティ豊かな焼き菓子が楽しめます。

種類が豊富なので飽きることがなく楽しんで食べられますね。

賞味期限は約21日なので、3週間程ありますからゆっくり楽しめます。

賞味期限の長い和菓子を手土産にするなら?

引き続き、おすすめの手土産をご紹介します。

ここでは、賞味期限の長い和菓子の手土産をご紹介します。

【〈とらや〉小形羊羹18本入】

小形羊羹は、5種類の味が楽しめます。

・夜の梅(小倉羊羹)
・おもかげ(黒砂糖入羊羹)
・はちみつ(蜂蜜入羊羹)
・新緑(抹茶入羊羹)
・紅茶(紅茶入羊羹)

風情を感じる羊羹は、賞味期限が製造から1年なので、自分のタイミングで食べられるのがうれしいですね。

また、個包装で一口サイズの小分けになっているためカットする手間もなく、手軽に味わうことができます。

【〈廣尾 瓢月堂〉六瓢息災(むびょうそくさい) 20個入】

一口サイズの和風タルトです。

以下の3種類の味があり、ホロホロとほどける食感を楽しめます。

・プレーン
・ショコラ
・イチジク

こちらの六瓢息災は、生姜やナッツを使用し、手間のかかった和菓子です。

女性や年配の方に人気が高いようです。

賞味期限は約20日と3週間ありますから、急いで食べる必要はありません。

以上、手土産におすすめのお菓子をご紹介しました。

このような手土産を用意して挨拶するのは大人のマナーです。

相手方が喜んでくれるような手土産を用意して訪問しましょう。

訪問時のマナーをおさえて喜ばれる手土産を用意しよう

大切な方に挨拶をするといった大事なシーンでのマナー違反は失礼にあたります。

そのため、訪問時の手順から用意する手土産まで、下準備は念入りにしておきましょう。

特に手土産では賞味期限に余裕のあるお菓子がおすすめです。

また、カットする必要のない一口サイズのお菓子は、「好きなタイミングで食べられる」「手が汚れにくい」「一口で食べきれる」というように、手軽で便利ですね。

喜ばれる手土産を用意して気持ちのよい挨拶をしましょう。