大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

社会人は化粧をするのがマナー?好印象メイクのポイントとは

2020.1.5

高校生くらいになると、化粧をしはじめる女性もいることでしょう。

化粧をして学校へ行き、先生に注意された経験がある方もいるのではないでしょうか。

しかし学校を卒業し、社会人になれば、化粧をするのがマナーのひとつといわれています。

とはいえ、どんな化粧でも良いというわけではありません。

この記事では社会人に向けた、好印象メイクのポイントについてお伝えしていきます。

社会人は化粧をするのがマナー?ノーメイクではだめなの?

高校生の時に化粧をしたら、先生に注意された経験のある方もいるでしょう。

そんな化粧は、社会人になるとマナーのひとつといわれています。

忙しい朝に「化粧をするのは大変!」と思う方も多いでしょうが、なぜ社会人になると化粧がマナーとされているのでしょうか。

その理由のひとつとして挙げられるのは、化粧をしていたほうが、身だしなみがきちんとしている印象を周囲に与えやすいからです。

化粧は、服装や髪型を整えるのと同じように、身だしなみのひとつととらえられています。

そのため、化粧をしないで出勤すると、「化粧をする時間がないほどあわてて出社してきたんだ」と周囲に見られてしまい、だらしない印象を与えることもあります。

特に営業職など、取引先と顔をあわせることが多い方は注意が必要です。

「会社の代表」として会っているわけですから、自分がだらしなく見えてしまうと、会社自体もだらしなく見られてしまう恐れがあります。

そうならないためには、身だしなみを整えることが大切で、化粧もそのひとつといえます。

化粧がマナーといわれていてもノーメイクがOKな場合も

多くの会社では、社会人は化粧をするのがマナーととらえられていますが、必ずしもそうとはいえません。

というのも、ノーメイクでも清潔感があり、誠意をもって仕事に取り組んでいる方であれば、化粧をしていなくても悪い印象にはなりにくいこともあります。

ノーメイクで髪もボサボサ、服装も乱れている、といった場合はNGでしょうが、「清潔感」がある身だしなみの場合にはノーメイクであっても問題ないことが多いようです。

また、会社の業種によっては化粧をしていないほうが良い場合もあります。

例えば、工場や研究系の職種ですと、化粧すること自体NGとしていることが多いです。

さらに、肌にアレルギーを持っている方は化粧をすることができませんから、「社会人になったら必ず化粧をするのがマナー!」とは言い切れません。

社会人のマナーといわれている化粧にはNGメイクもある!

場合によってはノーメイクがOKなこともありますが、一般的には社会人は化粧をするのがマナーといわれています。

その化粧の中にも、社会人にはふさわしくないとされるメイクもあります。

ここでざっとご紹介します。

●原色を使ったカラフルなメイク

●ラメやパールなどを使ったキラキラメイク

●唇がテカテカになるくらい塗られたリップグロス

●囲みアイラインやつけまつげといった過剰なアイメイク

●涙袋メイクやまんまるチークなどのおしゃれメイク

●自分の肌に合っていないメイク

●間違って描かれたアイラインや眉毛

以上のようなメイクは、清潔感とは言い難い化粧と判断され、自分の印象も下げてしまう場合もあります。

それでは「どんな化粧をすれば良いのか」と思う方もいるでしょうから、次の項から清潔感のある好印象メイクのポイントなどについてお話ししていきます。

社会人の化粧は「清潔感」が大切!ベースメイクは丁寧に

マナーからは外れてしまうNGメイクについてもお伝えしたところで、ここからは清潔感のある好印象メイクのポイントについてお話ししていきます。

「ナチュラルメイク」という言葉を聞いたことがある方もいるかと思いますが、社会人の場合、このナチュラルメイクをしておくと好印象メイクにしやすいです。

ノーメイクとは思われない程度で、しっかりと化粧で顔立ちを整えることがポイントです。

そのためには、ベースメイクが特に重要といえるでしょう。

厚塗りにならず、透明感のあるベースメイクをつくってみましょう。

ベースメイクは下記の手順で行ってみてください。

【ベースメイクの手順】

①洗顔・保湿をしたあとで、日焼け止めや化粧下地を塗ります。

このとき、顔の中心から外側に向かって、手もしくはスポンジで丁寧に伸ばすようにしましょう。

②肌の凹凸や毛穴、ニキビ跡など気になる部分がある場合、コンシーラーなどでカバーします。

必要ない方は省略しても大丈夫です。

③ファンデーションで肌のきめを整えれば完成です。

ファンデーションには「クリームタイプ」「パウダータイプ」「リキッドタイプ」の3タイプがあります。

自分の肌質にあったものを選び、説明書に記載されているとおりに塗りましょう。

ファンデーションを塗る際は、塗り過ぎると老けて見えてしまう恐れもあるのでご注意ください。

①②を行ったうえでファンデーションを塗ることが、透明感のあるナチュラルメイクにしやすくなるので、試してみてください。

もうひとつ重要な眉メイク!好印象に見せる3ステップ

社会人のマナーといわれている化粧で、ベースメイクと同様に重要なのが「眉」です。

眉がどのように描かれているかで、その人の印象を左右させることもあります。

好印象に見せるようにするには、太すぎず細すぎない「ナチュラルな眉」がおすすめです。

また、社会人の場合は、眉に自然なカーブをつける、もしくはストレート気味に描くと良いでしょう。

眉メイクの手順はこちらです。

【眉メイクの手順】

①コームやスクリューブラシで眉毛を整えます。

必要な場合は、眉用はさみで眉毛をカットしておきましょう。

②アイブロウペンシルを使い、不足している箇所に1本1本眉毛を描いていきます。

③アイブロウパウダーで眉全体をナチュラルな雰囲気に整えたら完成です。

オフィスの中では、距離がある相手から見える自分の眉が薄い場合もあるので、少し太めで濃いめに仕上げることがポイントです。

眉がうまく描けないという方は、ビューティーサロンや百貨店の化粧品売り場などで、プロに一度整えてもらうことをおすすめします。

どのように描いているか見たり聞いたりして、それを参考に描いてみましょう。

好印象に見せるにはアイメイクもナチュラルに!

ベースメイクと眉が整っていればおおむね清潔感があるように見えますが、アイメイクにも注意したいので、ここでお伝えします。

社会人のアイメイクは「やりすぎ」に注意することが大切です。

NGメイクでも挙げたように、囲みアイラインやつけまつげなどといった過度なものは、清潔感とはいえず、好印象に見えない場合もあります。

そのため、アイメイクは全体的に控えめに行うと良いでしょう。

下記の手順でアイメイクを行うのが一般的ですが、すべてを必ず行わなければいけないということはありません。

「アイシャドウだけ」や「マスカラだけ」という場合でも、清潔感のある好印象メイクにできますので、お好みで行ってみてください。

【アイメイクの手順】

①アイシャドウはブラウン系でまとめ、明るい色を広めにのせ、濃い色は最後にのせます。

濃すぎない、柔らかで上品なピンクを塗るのもおすすめです。

②アイラインはまつ毛のラインを埋めるよう、上まぶた側に引きます。

③ビューラーでまつ毛をカールさせ、マスカラで滑らかに塗ります。

重ね付けはしないようにしましょう。

ナチュラルな印象のマツエクを付けておくと、アイメイクの時間を短縮することも可能です。

以上のことを参考に、社会人のマナーともいわれる化粧を行ってみてください。

化粧をするときは清潔感のあるメイクを行おう!

やらなくても清潔感があったり、会社でNGとしていたりする場合は、社会人のマナーともいわれる化粧をしなくても良い場合もあります。

とはいえ、ほとんどの会社が「化粧をするのが社会人のマナー」としているので、多くの女性が化粧をして出社することでしょう。

しかしどんな化粧でも良いということはありませんので、ここでお話ししたことを参考に、清潔感のある好印象メイクを行ってみてくださいね。

 - ビジネスマナー, マナー