大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

腕時計は社会人必須アイテム?マナーにも関わるその役割とは

2019.12.11

腕時計は、「学生などよりも社会人が身につけるもの」というイメージがありますよね。

それには、社会人にとって腕時計が多くのシーンで役立つことが関係しています。

中でも、ビジネスシーンにおいては、腕時計を身につけていることがマナーにも繋がると言われているのです

そこで今回は、社会人のビジネスシーンにおいて、腕時計がどのような役割を担うのかをご説明していきます。

腕時計を身につけないのは社会人としてマナー違反!?

皆さんは、「はとがまめくてパ(鳩が豆食てぱ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは、かつての日本のビジネスシーンにおける、社会人の身だしなみを表す言葉として使われていた言葉です。

「は」はハンカチなど、社会人の必須アイテムの頭文字を繋げて作られています。

この言葉の中の「と」は時計を指します。

ビジネスにおいては「時間」が重要になることが多く、時計が大きな役割を担います。

中でも腕時計は、時計がない場所でも時間の管理ができ、その使い勝手の良さから以前のビジネスシーンでは重宝されていました。

しかし、スマートフォンの登場により、昨今では腕時計を身につけなくとも時間の管理などが容易にできるようになっています。

そのため、以前のビジネスシーンに比べ、腕時計を身につけている方は少なくなってきているのではないでしょうか。

そこで気になるのが、「ビジネスシーンで腕時計を身につけないのはマナー違反になるのか」ということです。

結論としては、腕時計を身につけていないことがマナー違反とは一概に言い難いです。

これは、腕時計を身につけるか否かは個人の自由であるという風潮が関係しています。

しかし、マナー違反にはならなくとも「できれば腕時計を身につけていたほうが良い」という意見も多くあるのが実状です。

腕時計ならスムーズ!「時間の確認はさりげなく」が社会人マナー

前項で触れた通り、ビジネスシーンでは「できれば腕時計を身につけていたほうが良い」という意見も多く耳にします。

それにはどのような理由があるのでしょうか。

まず挙げられるのが、例えば打ち合わせをしている際の時間の確認がしやすいということです。

前にも述べた通り、昨今ではスマートフォンでも時間の確認はできますが、場合によっては打ち合わせ相手にその様子を気づかれてしまうこともあります。

また、手元にスマートフォンなどが無い場合は、時間が分からずそわそわして打ち合わせに集中できないこともあるでしょう。

さらに、自分ではそのつもりがなくとも、打ち合わせ中に時間を確認することで、「早く終わらせたいと思われているのでは」という印象を相手が持ってしまうこともあります。

それは失礼にあたり、打ち合わせ相手に「マナーがない方」と思われてしまう可能性も否定できません。

その点、腕時計であれば書類に目を通すついでなどに、さりげなく時間を確認することができます。

このように、相手に気づかれずに時間を確認することは、ビジネスシーンにおいて大切な社会人のマナーと言えるでしょう。

デジタル時代だからこそ!腕時計などのアナログの良さを見直そう

ビジネスシーンでは、「あとどのくらいで荷物が到着するのか」「会議は何時ころ終わるのか」など、誰かに時間を聞かれることも多いです。

例えば、クレームなどで相手がイライラしている場合には、時間の確認にもたつくだけでも、それを助長させてしまうでしょう。

スマートフォンを忘れてしまった場合であっても、「分かりません」では社会人のマナーとして許されないとも言えます。

その点、腕時計を身につけていれば、すぐに時間を相手に伝えることができ便利です。

スマートフォンで時間を確認する場合は、ポケットやバッグから取り出さなければならないことが多いですが、腕時計であればスマートなためより印象が良いでしょう。

また、腕時計などのアナログアイテムは、充電の必要がないものが多いという特徴を持っています。

そのため、スマートフォンの充電切れなどのように、時間の確認ができないということも少ないです。

昨今は「デジタルの時代」とも言われている通り、スマートフォン1つでも多くのことを管理できます。

しかし今一度、腕時計などのアナログの良さも見直してみるのも良いのではないでしょうか。

腕時計はどう選ぶ?「社会人の先輩より高価」は避けるのがマナー

腕時計を男性がビジネスシーンで身につける場合、どのようなタイプのものが望ましいのでしょうか。

まず挙げられるのが、時間の確認がしやすいものです。

文字盤がシンプルで、長針や短針が見やすいものが良いでしょう。

色を多く使い過ぎているような華美なものは、ビジネスシーンでは避けたほうが無難です。

また、趣味でスポーツやアウトドアを楽しむことのある方は、それら専用の腕時計を持っていることもありますよね。

そのような腕時計は、プライベートで身につけるのは良いですが、ビジネスシーンでは適さないことも多いため注意しましょう。

腕時計は、プライベート用とビジネスシーン用として複数を持っておくと便利です。

それから、社会人として先輩にあたる上司よりも、高価な腕時計を身につけることは避けるのがマナーです。

「身分相応」という言葉もある通り、ビジネスシーンでは自分の身の丈に合った腕時計を身につけることをおすすめします。

社会人女性のニーズに合う!腕時計は日本ブランドもおすすめ

男性同様、女性がビジネスシーンで身につける腕時計も、シンプルで時間の確認がしやすいものが良いです。

また、女性の場合はアクセサリー感覚で身につけられるようなデザイン性の高い腕時計も人気があります。

手首などが美しく見えるようなものもあり、腕時計により女性の魅力がより引き立つのではないでしょうか。

男性がそのような腕時計を身につけると、華美すぎてマナー違反となる恐れもありますが、女性であれば反対にエレガントさを演出できます。

しかし、アクセサリー感覚で身につけられるような腕時計であっても、ベルトなどの色には注意が必要です。

ビジネスシーンに馴染むようゴールドは避け、ステンレスやシルバーなどを選ぶようにしてください。

革なども落ち着いた雰囲気があり、ビジネスシーンに合いますね。

例えば、日本ブランドの腕時計などは、社会人女性がビジネスシーンで身につけることを考えて作られているものが多いためおすすめです。

腕時計が適さない!?社会人はビジネスシーン以外もマナー把握を

腕時計は、身につけるのが適さないシーンがあるのをご存じでしょうか。

中でも、結婚式などのフォーマルシーンでは、腕時計は身につけないほうが良いと言われています。

「フォーマルシーンは時間を気にせず楽しむ」ということの表現の1つとして、腕時計を身につけないというマナーがあるようです。

また特に女性は、他の理由でも、腕時計を身につけることはフォーマルシーンに適さないということがあります。

それは、女性がフォーマルシーンで身につけることの多いドレスなどと腕時計との相性です。

フォーマルシーンで女性が身につけるドレスなどは、袖が短めのものも多いですよね。

そのため、腕時計を身につけていると、それだけが浮いて見えてしまうことが考えられます。

社会人として、ビジネスシーン以外の腕時計に関するマナーについても、しっかりと把握しておくと良いでしょう。

魅力を再確認!?社会人はお店などで腕時計を見てみよう

かつての日本では、「社会人になって初めてのお給料で腕時計を買った」などという話もよく聞かれました。

また昨今でも、「結婚指輪の代わりとしてペアのものを買った」など、腕時計は私たちの生活の転機時に重要な役割を果たすことが多いアイテムです。

そのため、特に腕時計を身につけていない方は、お店などで一度どのようなものがあるのか見てみるのも良いでしょう。

思わず自分に合うものが見つかるなど、腕時計を身につけるきっかけになるかもしれませんね。

 - ビジネスマナー, マナー