カタログギフトはもらって嬉しい!3000円コースの魅力とは?

ギフトとして定番となったカタログギフトですが、多くの方が一度は贈られた経験があるのではないでしょうか。

カタログからさまざまな商品を選べるので、贈られた方の好みのアイテムを選んでもらえることでしょう。

近年、人気のカタログギフトですが、金額でコースがわかれています。

この記事では、3000円台のコースを中心にカタログギフトの魅力をお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

90歳(卒寿)の誕生日プレゼント!縁起がよく記念に残るもの

90歳まで長生きしてくれたおじいちゃん、おばあちゃんへの誕生日プレゼント。どんなものを贈...

友達の新居に訪問!持参する手土産のおすすめをご紹介!

仲の良い友達がマイホームを建てたら、遊びに行く方もいることでしょう。そのとき、新築祝いとして...

エステのチケットはギフトに向いている?おすすめは何?

大切な方へ日頃の感謝の気持ちを伝えるのに、形に残るものを贈るのもよいですが、エステのチケットなど...

おすすめ!転園のプレゼントに歯ブラシなどの歯磨きグッズ

引っ越しなどの理由で保育園や幼稚園を転園する場合、これまで仲良くしてくれたお友達にプレゼントをし...

7歳の誕生日プレゼントは思い出に残るものを(男の子向け)

やっと7歳、もう7歳。感じ方はそれぞれ違うと思いますが、これからもすくすくと成長して欲しいで...

毎日使える就職祝いを贈ろう!男性にはネクタイがおすすめ

男性への就職祝いには、仕事で使えるものを贈るのが定番です。職業や職種によっては、毎日スーツを...

銀座で見つける女性向けギフト!おすすめのお店をご紹介!

ハイブランドが軒を連ねる東京・銀座。その銀座には、女性が喜びそうなアイテムを揃えたお店がたく...

贈答品に喜ばれるお菓子は?高級菓子で心を込めた贈り物を

贈答品の文化が根付く日本では、特別なシーンに必ず喜ばれる高級なお菓子を贈りたいものです。しか...

グルメギフトは何がおすすめ?肉や魚・うどんもご紹介

大切な方へ感謝の気持ちやお礼の気持ちを伝えるのに贈りものを渡しますが、どんなものを選んでいますか...

バレンタインスイーツは意味を持つ?!あげるものにご注意!

日本では好きな人にチョコーレートを贈る日として定着しているバレンタインデー。毎年、バレンタイ...

ハイブランドコスメを特別な日のギフトに!おすすめをご紹介

女性に特別なギフトを贈ろうとしているなら、コスメを検討してみてはいかがでしょう。「ギフトにコ...

子どもへの入学祝い!大学入学時におすすめのプレゼントは?

子どもが大学に入学するときは、我が子の成長に感動もひとしおですよね。頑張って大学受験を乗...

旅行券のギフトってどう?おすすめのカタログギフトもご紹介

旅は、いつもと違った景色を見たりその土地の食を楽しんだり、非日常を味わうことで心をリフレッシュさ...

入学祝いにおすすめのプレゼントをご紹介!【大学生編】

桜が美しく咲く4月は入学のシーズンでもありますよね。身近に入学する人がいれば、入学祝いを贈る...

バレンタインにブラウニーを!おしゃれにラッピングする方法

ブラウニーは、濃厚で食べ応えがあって、チョコレート好きな方へのバレンタインギフトにぴったりです。...

スポンサーリンク

カタログギフトの3000円台コースはどのようなときに贈る?

カタログギフトは、誰しも一度は経験したことのあるギフトでしょう。

しかし、このカタログギフトですがどのようなときに贈るギフトなのか考えたことがありますか。

冠婚葬祭というイメージがあると思いますが、実にカタログギフトの出番は非常に多いといえます。

手頃な3000円台のコースはお祝いとして贈るのも、内祝いとして贈るのにも便利な価格帯です。

では、どのような機会で贈られるのか、みていきます。

●結婚

・結婚式の引き出物
・結婚祝い
・結婚内祝い

●出産

・出産祝い
・出産内祝い

●お悔み

・香典返し
・法事の引き出物

●各種お祝いやお返し

・入学祝い(入学内祝い)
・新築/引っ越し祝い(新築/引っ越し内祝い)
・快気祝い(快気内祝い)

●シーズンギフト

・母の日
・父の日
・敬老の日
・お中元
・お歳暮

上記は主に個人間で贈る機会をご紹介しました。

なお、会社では、

・ご挨拶
・粗品
・お礼
・景品
・記念品

としてカタログギフトを贈ることもあります。

このように、カタログギフトはお祝いやお返し、イベントで重宝するギフトといえます。

結婚式の引き出物として「カタログギフト」は定番

近年、結婚式の引き出物というと「カタログギフト」が入っていることが定番になりつつあります。

定番になるということは、それだけ人気が高いということでしょう。

多くの場合、結婚式で受け取る引き出物のセットのなかにカタログギフトが入っています。

しかし、引き出物は持ち帰りにかさばったり、二次会に向かうのに荷物になってしまったりと、手荷物として負担に感じてしまう場合もあるようです。

そこで、カタログギフト・縁起物・引き菓子・メッセージカードをひとまとめにした引き出物セットを宅配にてゲストの自宅へ送るサービスを開始しているカタログギフトのショップもあります。

持ち帰る手間がなく、自宅に届くのはありがたいシステムですね。

また、結婚祝いとしてカタログギフトを贈るのもおすすめです。

結婚式に出席するのがむずかしく、結婚祝いのご祝儀だけでは少々味気なく渡しにくいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、手頃な価格である3000円台コースのカタログギフトとご祝儀をセットにすると、適度なボリュームも出ますし、きっと喜んでもらえるでしょう。

カタログギフト3000円台コースは出産内祝いで人気

3000円台のカタログギフトは、出産の内祝いとしても人気が高いようです。

出産の場合、5000円や10000円くらいのお祝いをいただくことが多く、お返しの価格にちょうどいいのが3000円台のカタログギフトなのでしょう。

3000円台のカタログギフトのなかには、出産内祝い専用のかわいらしいパッケージになったものも用意されています。

カタログギフトには、ラッピングやのしといったサービスはもちろんですが、命名札を作成してくれるショップもあります。

さらには、写真や動画が見られるメッセージカードを添えられるサービスもあります。

メッセージカードの作成は専用サイトで簡単にでき、ダウンロードができるので、プリントアウトやメールに添付ができます。

オリジナリティあふれるメッセージカードとカタログギフトでお返しすれば、きっと喜んでもらえるでしょう。

なお、出産祝いとしてカタログギフトを贈る方も多いようです。

出産祝いをベビー玩具やベビーウエアなどから選ぼうと思っても、好みを考えるとなかなか選べないという方もいらっしゃるでしょう。

おすすめなのが、出産祝いやお子さんのお誕生日向けのカタログギフトです。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんから2歳のお誕生日を迎えるお子さん向けの内容で、マザーズグッズからベビー用品といった幅広いアイテムのほか、家族で楽しめる体験も選べるものなどがあります。

月齢から選べるので、成長にあったアイテムがピンポイントで見つけられるでしょう。

また、カタログギフトであれば、性別を気にして選ぶ必要もありませんね。

3000円の体験ギフトは日頃の感謝を伝えるのにおすすめ

父の日や母の日、敬老の日は、日頃の感謝を伝えるいい機会ですね。

感謝を伝える機会はなかなかないので、体験ギフトで贅沢してもらいましょう。

ここでご紹介する体験ギフトはカタログギフトではなく、チケットギフトです。

3000円台のお食事チケットは手頃な価格で人気が高いでしょう。

では、どのような体験ができるのか一例をご紹介します。

・カフェの平日限定ペア利用券
・ペアランチご利用券(おみやげ付き)

ちょっとした気分転換ができそうですね。

また、還暦祝いや誕生日といった特別なお祝いでは少し豪華なお食事チケットを贈りませんか。

一例をご紹介します。

・クルージングペア(食事付き):25000円コース
・高級店ペアディナーご利用券:30000円コース

通常のカタログギフトのなかにも食事や温泉、エステ、乗馬などの体験ギフトは入っていますが、「心に残る素敵な贈り物」を贈りたいと思うのであれば、チケットギフトがおすすめです。

グルメカタログギフトはお歳暮やお中元にも

お歳暮やお中元では、何を誰に贈るか悩んでしまいますね。

そう思う方は、ぜひカタログギフトを贈りましょう。

お中元やお歳暮では、幅広い年齢層から喜ばれるグルメを贈りませんか。

グルメカタログギフトでは、全国の有名店の品々を豊富に取りそろえています。

価格も3000円台から選べるので、お手頃ですね。

グルメカタログギフトであれば、カタログ期限内の好きな時期に取り寄せられます。

海の幸や旨味たっぷりのお肉、みずみずしい旬のフルーツ、伝統の和菓子やブランドスイーツなどから選べます。

もちろん、老舗の日本料理店や有名な中華料理店といった名店の味は、目上の方にも満足していただけることでしょう。

お歳暮やお中元で何を贈るか迷ったら、グルメカタログギフトがおすすめです。

カードタイプのカタログギフトって?

カタログギフトは、カタログの中から好きな商品を選びますので贈り物としてはコンパクトです。

もともとコンパクトに感じるカタログギフトがよりコンパクトになったのが、カードのカタログギフトです。

カードのカタログギフトは、カード1枚でカタログギフトの役目を果たします。

価格は3000円台から選べます。

カードには、受付番号や専用のパスワードが記載されています。

では簡単にご利用手順をご紹介します。

①専用申し込みサイトにアクセス(パソコン・スマートフォン)

②カード裏面記載の受付番号と専用パスワードを入力

③専用WEBサイト内でお好みのギフトを選択

④後日ギフトが到着

カードでかさばらず、時間の空いたときにスマートフォンで申し込みができるので、忙しい中でも空き時間に手間なくギフトを選択できます。

さらに、オンライン受付のため、より素早く商品が届きます。

パソコンやスマートフォンが普及した今日、カードタイプのカタログギフトは需要が高まるでしょう。

カタログギフトは手頃で喜ばれるギフト

3000円台のカタログギフトを中心にお話ししてきました。

カタログギフトは、お祝いや内祝いとして贈ると喜ばれるでしょう。

冠婚葬祭や、父の日や母の日などのイベント、お歳暮やお中元にもカタログギフトがおすすめです。

また、近年では、カードタイプのカタログギフトも登場し、パソコンやスマートフォンから手軽に申込みでき便利です。

カタログギフトとともに感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。