大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

70代の義母へプレゼントを贈ろう!選び方とおすすめをご紹介

2020.3.18

誕生日や母の日などに、義母へプレゼントを贈ることもあるかと思います。

「日頃お世話になっているから、素敵なプレゼントを贈ろう」と思うでしょうが、実際に選ぶときには、何を贈ったら喜んでもらえるかと悩んでしまいませんか。

そこでこの記事では、70代の義母へ贈るプレゼントの選び方とおすすめをご紹介していきます。

70代義母へ贈る!プレゼントの選び方

はじめに、70代の義母へ贈るプレゼントの選び方からお伝えしていきましょう。

選び方のポイントとしてまず挙げられるのは、配偶者から情報収集することです。

配偶者のお母さんともなれば、自分のお母さんに贈るプレゼントよりも、選ぶのに苦労するかもしれません。

お嫁さんからお義母さんへ贈る場合は特に、センスに乏しいプレゼントを贈らないようにと、慎重に選ぶことでしょう。

また、好みでないものや使用する機会のないものを贈るのも避けたいところです。

義母に喜んでもらえるプレゼントを贈るには、やはり配偶者の協力が必要です。

義母がどのようなものを好んでいるのかリサーチし、プレゼント選びの参考にしましょう。

もう1つ選び方のポイントとして、自分の母親に贈るプレゼントに、友人に贈るプレゼントの要素をプラスすることも挙げられます。

母親には特別感・ギフト感を感じられる品を、そして友人には実用品やおしゃれな品も贈ることと思います。

これらの要素を足したプレゼントが、義母へのプレゼントにおすすめです。

後ほどおすすめをご紹介しますので、参考にしてみてください。

もし義母と同居していて仲良く暮らしている方であれば、一緒にショッピングに出かけて、欲しいものをプレゼントするのも喜ばれることでしょう。

70代義母のプレゼントの予算はどのくらいが良い?

プレゼントを選ぶ際は、予算を決めることも大切です。

では、70代の義母のプレゼントは、どのくらいの予算にすると良いのでしょうか。

結婚すれば、自分の母親へ贈る場合も、義母へ贈る場合も、子供から親へのプレゼントということに変わりありません。

つまりどちらも、夫婦(子供)から母親へのプレゼントということです。

そのため、母と義母のプレゼントに差をつけないことが基本といえます。

普段、自分の母親へ1万円程度のプレゼントを贈っているのであれば、義母へのプレゼントも1万円程度のものを選びましょう。

ただし、必要性に応じて調整することも大切です。

例えば、自分の母の旅行の予定が近かったので、ブランドもののバッグをプレゼントしたとします。

そうなると、義母の誕生日にも同じくらいの価格のバッグをプレゼントするのか、と思うかもしれません。

しかし、義母に旅行の予定などがなければ、高価なバッグを贈っても使う機会がありませんし、高い品をもらったことで気を遣わせてしまうことも考えられます。

そうなれば、プレゼントを贈っても喜んでもらえなくなってしまいますから、そのときの必要性に応じてプレゼントにメリハリをつけるのもポイントです。

70代の義母へ!プレゼントにスイーツを贈ろう

それではここから、70代の義母へのプレゼントにおすすめの品物をご紹介していきます。

はじめにご紹介するのは、「食べ物」です。

中でも、スイーツを選ぶことをおすすめします。

多くの女性は甘いものを好んでいますから、失敗が少ないプレゼントといえます。

しかしただのスイーツではなく、高級感や特別感のある、おしゃれなスイーツを選ぶと良いかもしれません。

おすすめのスイーツはこちらです。

【銀座菊廼舎(ギンザキクノヤ):登録商標 冨貴寄 桜色缶】

・参考価格:1,998円(税込み)

創業は1890年(明治23年)と、長い歴史のある江戸和菓子の老舗「銀座菊廼舎」の和菓子です。

バター不使用の和風クッキーに金平糖、和三盆糖、ハッカ糖、落花生などを含む、30種類以上の和菓子が詰め合わせされています。

缶のデザインもおしゃれなので、おしゃれ好きな義母にも喜んでもらえるスイーツといえるでしょう。

【ピエール・エルメ・パリ:マカロン10個詰合わせ】
・参考価格:3,996円(税込み)

定番で人気の5フレーバーのマカロンを詰め合わせされたものです。

見た目の美しさはもちろんのこと、生地のサクサクとした食感と、サンドされたやさしい甘さのクリームが、口の中で合わさることで至福のひとときを演出してくれます。

このようなブランドスイーツをプレゼントに贈ってみても良いですね。

コスメやファッションアイテムを贈るのもあり!

女友達にコスメなどをプレゼントに贈ることもあるでしょう。

70代の義母へのプレゼントにもコスメはおすすめですが、コスメを贈る場合は年齢に合った上質なものを贈ることが大切です。

若い頃に似合っていたリップが浮いて見えてしまうこともあるので、年齢に合った色選びもポイントです。

ここではプレゼントにおすすめのリップをご紹介しましょう。

【KOSE INFINITY:セラムルージュ】

・参考価格:2,970円(税込み)※別売りのルージュホルダーは880円(税込み)です。

高濃度のアスタキサンチンを配合しているので、保湿効果が高いリップといえるでしょう。

年齢とともに気になってくるのが、唇の縦じわです。

そんな縦じわを塗るたびに目立ちにくくし、ふっくらとした唇に導いてくれます。

コスメだけでなく、ファッションアイテムを贈ってみても良いかもしれません。

ファッションアイテムも、高級感のある上質なものを選ぶことが大切です。

70代の女性も首元のおしゃれを楽しむ方も多いので、ストールをプレゼントに選ぶのもおすすめです。

【ANMIDA(アンミダ):カシミヤ シルク 大判ストール レディース】

・参考価格:2,980円(税込み)

素材がカシミヤ70%、シルク30%なので、やわらかくて肌触りの良いガーゼストールです。

素材だけでなく、UVカット効果、保温性、保湿性などの機能性にも優れています。

さっと首に巻くだけで立体感が出るので、おしゃれな着こなしも楽しむことができるでしょう。

毎日の生活を豊かに!健康や癒しグッズもプレゼントにおすすめ

毎日の生活をより豊かなものにできるよう、70代の義母へ健康グッズや癒しグッズを贈るのも良いかもしれません。

【ATEX(アテックス):ルルド マッサージクッション AX-HL148M】

・参考価格:5,940円(税込み)

椅子の背もたれに置いて使用するマッサージクッションです。

スイッチひとつで背中をやさしくマッサージしてくれ、コリをほぐしてくれます。

枕の上に置けば、首のマッサージもできますよ。

【枡工房枡屋:Math Salt(マスソルト)】

・参考価格:825円(税込み)

国産ヒノキの枡の中に、岩塩のバスソルトが詰められています。

岩塩とヒノキは香りと効能の相性が良く、入浴剤として使用することで、心身ともにリラックスできることでしょう。

使用方法はパッケージを取り除き、お風呂につかりながら枡ごとお湯の中に入れればOKです。

バスソルトが溶けると、ドライハーブとハーブの香りを楽しむことができます。

香りは6種類あるので、義母が好む香りをプレゼントできると良いですね。

義母の特別なお祝いには旅行をプレゼント!

義母へプレゼントを贈るシーンはいくつか挙げられますよね。

誕生日や母の日はもちろん、70代となれば70歳の古希や77歳の喜寿祝いなども挙げられます。

そんな特別なお祝いのときは、旅行をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

物ではなく、思い出をプレゼントするのもおすすめです。

近年は旅行のカタログギフトもあるので、これらを贈っても良いかもしれません。

【EXETIME(エグゼタイム) Part 5 カタログギフト】

・参考価格:55,660円(税込み)
・取扱店:ギフトモール

五つ星ホテルや有名温泉旅館などが多く掲載された、カタログギフトです。

【箱根の贈りもの+EXETIME Part 5 カタログギフト エグゼタイム】

・参考価格:56,100円(税込み)
・取扱店:ギフトモール

箱根エリア厳選の温泉湯宿が掲載されたカタログギフトです。

選んだ宿によっては小田急電鉄箱根フリーパスもついているので、箱根周遊をお得に満喫することができます。

義父と夫婦水入らずの旅行も良いですが、この旅行に夫婦や孫も一緒に参加しても、義母にとってより素敵なプレゼントになるのではないでしょうか。

義母が喜ぶ素敵なプレゼントを贈ろう!

誕生日などで義母にプレゼントするとき、何を贈れば良いかで悩むかもしれません。

喜んでもらえるプレゼントを贈るために、まずは配偶者から義母の好みなどを聞き、情報収集することからはじめましょう。

そしてご紹介したようなスイーツ、コスメ、健康グッズなどから選んでみてください。

70代では古希や喜寿などの特別なお祝いをすることもありますので、その場合は旅行をプレゼントするのもおすすめです。

 - ギフト, 女性・マナー