開店祝いにはどんな観葉植物を贈る?おすすめはオリーブ!

友人や知人、お世話になっている方の開店祝いに、観葉植物を贈ろうと考えている方もいることでしょう。

ひとくちに観葉植物といっても種類は実に豊富ですが、今回おすすめするのは「オリーブ」です。

オリーブは開店祝いに縁起の良い花言葉を持ち、インテリアグリーンとして映えることから、開店祝いに人気の観葉植物です。

この記事では、オリーブが開店祝いに選ばれる理由から、オリーブの種類や選び方について詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お盆の時期はいつ?東京のお盆について詳しくご紹介!

毎年、7月の中旬頃から全国のスーパーなどで「お盆セット」が売られます。お盆と言えば、なす...

東京駅構内や駅周辺でおすすめのコーヒーギフトをご紹介

帰省やお礼、お土産でコーヒーのギフトを購入することがありますか。東京駅には、東海道新幹線の始...

手土産で人気のある5000円以内のお菓子ギフトをご紹介!

手土産を持っていく際に、お菓子のギフトはよく選ばれる贈り物の一つです。しかし、いざ売り場...

Lushのアイテムを誕生日プレゼントに!おすすめアイテムは?

友達、あるいは大切な人へ、心がこもった誕生日プレゼントとして、Lushのアイテムを選んでみてはい...

新築祝いで商品券を贈るときのマナー!のしはつけるべき?

新築祝いを贈るとき、何を贈れば良いか悩んでしまいますよね。定番はタオルなどの消耗品ですが、近...

【予算7000円】誕生日プレゼントで彼氏を喜ばせよう!

もうすぐ彼氏の誕生日。もうプレゼントするものはお決まりですか?予算7000円くらいなら、...

送別にプチギフトがおすすめ!おしゃれなアイテムをご紹介

人生の節目には、出会いと別れがあります。送別のときは寂しいですが、感謝の気持を込めて送り出し...

新築祝いにおすすめ!友人におしゃれなプレゼントを贈ろう

友人への新築祝い、どのようなものを贈ったらいいか悩みますよね。おしゃれな家にはおしゃれな...

お盆の料理はコレで決まり!意外と知らないおもてなしお盆編

毎年8月15日前後は、年に一度先祖をお迎えし供養する大切な日「お盆」です。お盆の時期には...

感謝の気持ちが伝わる!日々の生活を彩る70代夫婦への贈り物

第二の人生を謳歌している70代、充実な毎日を過ごしている夫婦も多いことでしょう。そんな夫婦に...

引き出物・引き菓子・縁起物とは?その基本を知っておこう!

結婚式における引き出物とは、招待客へ渡すものとして知られていますね。しかしながら、準備するも...

男性が喜ぶおしゃれなメンズコスメはギフトにおすすめ!

第一印象に大きな影響を与える身だしなみは、「社会人たるもの、しっかりと整えるべき」とお考えの方が...

【誕生日プレゼント特集】女友達におしゃれなギフトを贈ろう

女友達の誕生日にはおしゃれなギフトを贈りたいですよね。しかし、どんなものを選べば良いか悩む方...

9月の花を贈り物にしよう!花の種類やアレンジの仕方を伝授

9月は残暑もまだ厳しい季節ではありますが、秋の気配を少しずつ感じられる時期だと言えます。夏の...

ハンカチを素敵にラッピング!おしゃれ包装は100均グッズで

ちょっとしたギフトから正統派ギフトまで、ハンカチはギフトの商品として定番ですね。購入した...

スポンサーリンク

開店祝いに観葉植物が人気の理由とは?

開店祝いといえば、開店という新たな門出を祝福し、商売繁盛や事業成功を祈る喜ばしいお祝いの機会ですよね。

一般的によく見かけるのは、オープンしたお店を華々しく彩るスタンド花や胡蝶蘭といったフラワーギフトでしょう。

また近年、フラワーギフトの他にも開店祝いの贈り物として選ばれているのが「観葉植物」です。

「なぜ開店祝いに観葉植物が?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

まず人気の理由には、観葉植物が「根を張る鉢植え」であることから、地域にその店や事業が「根付く」という縁起の良い願いが込められていることにあります。

また、観葉植物はおしゃれなシルエットが多く、ナチュラルなインテリアグリーンとして店内を彩ってくれることも喜ばれるポイントでしょう。

そして、あまり負担なく手軽に育てられることから、バタバタしがちな開店時の贈り物にはぴったりと言えます。

さらに、観葉植物の多くが縁起の良い花言葉を持つこともあり、中でも開店祝いに人気なのが「オリーブ」です。

では、開店祝いに喜ばれるオリーブについて、次項から詳しく見ていきましょう。

開店祝いになぜオリーブが人気?オリーブとはどんな観葉植物?

開店祝いに贈られる観葉植物の中でも、オリーブはその外観と縁起の良い花言葉が根強い人気を集めています。

そもそもオリーブとは、太陽の光が降り注ぐ温暖な地中海沿岸地域などで栽培される植物で、実から採れるオリーブオイルは私たちの食卓に馴染み深いですよね。

旧約聖書にも登場するほど古くから「平和の象徴」でもあり、ハトがオリーブの葉をくわえるデザインは印象的な平和のシンボルです。

また、なにより魅力的なのはそのおしゃれな樹姿と葉で、見ているだけで癒され、安らぎを与えてくれる外観は、多くの人から愛される店のインテリアグリーンとしてぴったりでしょう。

そんなどこか憧れるオリーブの花言葉は、「平和」「安らぎ」「勝利」です。

これは、堅実な事業の成功を願う開店祝いにはふさわしい花言葉で、中でも落ち着いた安らぎや癒しを求める飲食関連には嬉しいですね。

さらに、観葉植物としても耐久性があるため、バタバタした開店時でも栽培しやすい魅力がポイントでしょう。

開店祝いの観葉植物におすすめのオリーブは?

開店祝いとして魅力がいっぱいのオリーブは、実は世界的に見ると1,200~1,300以上にも及ぶ品種があります。

一般的に流通している品種は主に6種類ですが、まず、中でも開店祝いのギフトとしておすすめなのが「コロネイキ」です。

コロネイキとは、可愛らしい小ぶりな果実が特徴的な品種で、ギリシャで栽培されるオリーブの約半数を占めると言われています。

葉も小さく可憐に生い茂る姿形から、開店祝いをはじめ、新築祝いや移転祝いなど、幅広い贈答のシーンに選ばれています。

次におすすめのオリーブの種類は、「チプレッシーノ」です。

チプレッシーノはイタリアのシチリア島で栽培される品種で、楕円形の果実に銀葉系の大きめな葉が特徴です。

美しいシルバーの葉色と育てやすさから、こちらもコロネイキと同様に観葉植物のギフトとして選ばれることが多いでしょう。

ここでは割愛しますが、この他にもルッカやマンザニロ、ネバディロ、ミッションといった品種があるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

開店祝いに贈るオリーブの選び方!サイズ選びも大切

前項では、開店祝いにおすすめのオリーブの種類をご紹介してきましたが、選ぶうえではさらにそこから考慮したいことがあります。

まずは、スペースや扱いやすさを配慮した「サイズ」です。

観葉植物の植木鉢のサイズは、「号」という単位で表されます。

開店祝いに贈られる一般的な観葉植物のサイズは、6号から大きくても10号鉢の大きさです。

「1号=1寸」、つまり3センチですから、「号鉢×3センチ」で鉢の大きさをイメージすると良いでしょう。

中でも開店祝いとして人気のサイズは6号で、エントランス脇のサイドテーブルや棚の上などにさっと飾ることができる収まりの良い大きさです。

開店祝いとしてより存在感ある大きいサイズを選びたいという方は、あらかじめ店内に飾るスペースを聞いたうえで贈ることが望ましいです。

あまりに大きいサイズだと、置き場がなく邪魔になる可能性もあるので、事前にしっかり相談しておくようにしましょう。

また、サイズの他にも、選んだオリーブのデザイン性がお店の雰囲気に馴染むかどうかもイメージしておきましょう。

オリーブの育て方も押さえておこう!

開店祝いに観葉植物のオリーブを贈るうえでは、贈る側としてオリーブの育て方にも目を通しておきたいところですよね。

オリーブの種類によっては耐性などが変わってはくるものの、水やりは種類を問わず、表土が乾いたらたっぷり水をあげることがポイントです。

そのため、夏はできるだけ毎日水やりをすることが望ましいですが、反対に冬は1週間に1回程度と少し乾燥するくらいの水やり頻度が理想でしょう。

また、水やりの他にも気を付けたいことは、日当たりです。

オリーブの原産は、太陽の光が降り注ぐ温暖な地中海ですから、日当たりの良い窓際に置くことが望まれます。

一方で、基本的に耐寒性はあまり強いほうではなく、マイナス3℃以上の室温で栽培できるようにします。

ただし、種類によっては-12℃まで耐えるものもあるため、贈る品種の耐寒性を確認しておくと良いでしょう。

剪定を行う場合は、種類を問わず、オリーブの休眠期である2~3月を目安に短く刈り込みますが、オリーブの木が小さい場合は剪定をする必要はありません。

以上の基本的な栽培の知識は、贈る側としてしっかり押さえておくようにしましょう。

開店祝いの予算相場からオリーブの予算を考える

開店祝いに観葉植物のオリーブを贈るうえで、最後に押さえておきたいのは予算相場です。

まず、開店祝いの予算相場は、全体で見ると5,000~50,000円程度と大きな幅があります。

これは贈る相手との関係性によって変わってくるもので、さらに細かく見ていくと、友人や知人の場合は5,000円~10,000円、取引先の場合は10,000~30,000円、身内の場合は20,000~30,000円程度が相場となっています。

一方、オリーブの価格帯を見てみると、5,000~50,000円までかなり広い予算の選択肢があるので、相手との関係性を考慮した予算で選ぶと良いでしょう。

また、オリーブの価格は、当然ですが鉢が大きければ大きいほど高くなります。

例えば、一般的な6号鉢は8,000円前後、8号鉢になると15,000円前後になるので、予算とサイズを照らし合わせながら贈る相手の店にあったオリーブを探してくださいね。

門出のお祝いにオリーブを贈ろう

これまでに、開店祝いにおすすめする観葉植物のオリーブについて詳しくお話ししてきました。

オリーブは事業成功や繁盛を願う開店祝いにはぴったりの花言葉を持ち、そのおしゃれで安らぐ樹姿もギフトとして人気であることが分かりました。

オリーブは同じ品種でもシルエットがそれぞれに異なりますから、店のインテリアに合ったものを選べると良いですね。

開店という喜ばしい門出のお祝いに、素敵なオリーブをギフトとして贈ってくださいね。