大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

ギフトカタログを3000円台からご紹介!こだわりカタログ7選

2019.10.29

あらゆるお祝いのシーンで贈れるカタログギフトは、ギフトの定番と言っても過言ではありません。

今回は、ギフトとして平均的な価格である3000円台から見つかるギフトカタログをご紹介します。

カタログの紹介はもちろん、3000円台のカタログを贈るシーンや、結婚式の引き出物として選ぶポイントにも触れていきます。

3000円台のギフトカタログを贈るべきシーン

3000円という金額は、ギフトとして贈るのにちょうど良い金額と言われています。

たとえば、花屋さんでブーケを注文するとき、2000円と3000円では、花の内容やボリュームにかなりの差があることが多いです。

ギフト用の詰め合わせなども、3000円台から用意している店舗が多い印象です。

こういったことから、3000円くらいがギフトにちょうど良いという認識が広まっています。

3000円台のギフトカタログは、出産祝いのお返しや、入園・入学祝いのお返しなどの内祝いで贈ることも多いです。

また、お中元やお歳暮などの季節のご挨拶にも重宝されます。

特に、お子さんが独立されたご夫婦の世帯は、お中元やお歳暮クラスの食品ギフトだと、量が多くて食べきれないこともあると聞きます。

こうしたご家庭では、ギフトカタログが喜ばれます。

そのほか、お礼やお祝い全般に広く愛用されています。

結婚式で3000円のギフトカタログはNGなの?

かつて結婚式の引き出物といえば、食器類が定番でした。

それから時が経ち、ギフトカタログが登場すると、引き出物にカタログを選ぶ新郎新婦が増えて、現在では約70%のカップルに、ギフトカタログが選ばれているそうです。

しかし最近になり、「個性がない」などの理由で、あえてギフトカタログを選ばないカップルが増えてきているようです。

たしかに、新郎新婦の個性を出したい結婚式というイベントで、ゲストに選んでもらうというスタイルは合わないのではないかという考えも理解できます。

ただ、3000円台のギフトカタログでも、その中で選びたい品物があれば、カタログでも問題はありません。

カタログの表紙と金額に囚われず、詳細をよく確認して選ぶことが重要です。

中身を吟味し、どうしてもゲストが欲しいと思ってくれそうな品物がなければ、カタログの会社を変えるか金額を上げる、または品物として引き出物を用意するかを考えてみましょう。

3000円台のギフトカタログは、どのカタログ会社も種類を多く出しているので、ゲストによって、カタログを変えることもおすすめです。

モノより思い出!体験が豊富な3000円台のギフトカタログ

「コト消費」という言葉が話題になりました。

形に残る物より、体験で得られるワクワクとした気持ちや思い出を大事にするのが「コト消費」です。

3000円台ですと、1~2名で体験できるものが多いので、友達やカップル、夫婦で一緒に雰囲気を共有できます。

【アソビューギフト:総合版体験ギフトチケット Fun】

参考価格:3240円(税込)

陶芸などのインドアでのものづくり体験が中心となったギフトカタログです。

インドアといっても、ボルダリングのようなインドアスポーツの体験もあり、アクティブ派の方にも満足いただけるカタログになっています。

900以上もある全国の様々な体験の中から選ぶことができます。

【ソウ エクスペリエンス:バーガーチケット】

参考価格:3639円(税込)

体験型ギフトカタログの定番、ソウ エクスペリエンスからは、ハンバーガー作りの体験ギフトをご紹介します。

グルメバーガー激戦区とも言われる、東京のハンバーガー店はもちろん、全国各地に体験できる店舗があります。

ハンバーガー好きの方はもちろん、話題のグルメが気になる方にもおすすめできるカタログです。

グルメな方も満足な3000円台のギフトカタログ

さきほど、ハンバーガーの体験ギフトでも触れましたが、やはりグルメが好きな方は多いですね。

今度は、そんなグルメに特化したギフトカタログをご紹介します。

3000円台でも、おいしそうなギフトがいろいろとあります。

【マイルーム:やさしいごちそう】

参考価格:3240円(税込)

ギフトカタログ専門店のマイルームが、グルメにスポットをあてたカタログです。

特筆すべきは、スイーツの充実ぶりです。

カタログ専門店ならではの品揃えは、甘いものが好きな方にも満足いただける内容となっています。

【ソムリエアットギフト:北海道美食彩紀行 ひまわりコース】

参考価格:3490円(税込)

グルメ旅をするなら行きたい都道府県というアンケートで、第1位に選ばれることが多い北海道の名産品や名物グルメを集めたギフトです。

このカタログギフトの大きな特徴は、冊子ではなくカードタイプになっているところです。

厳選されたグルメを見やすく選べる工夫が、受け取る方もうれしいギフトです。

安心の大手カタログ会社の3000円台ギフト

カタログギフトの大手といえば、

・リンベル
・ハーモニック

が挙げられます。

こうした大手のカタログギフトでは、3000円台ではどんなラインナップになるのでしょうか。

【リンベル:ビーハイブ+e-Giftコース】

参考価格:3564円(税込)

こちらのコースは、カタログだけでなく、Webからも商品を探せるe-Giftが付いています。

カタログだけで1100点以上、e-Giftで400点以上の商品が掲載されていて、この豊富な品揃えが特徴です。

e-Giftなら、スマートフォンでも探せるので、移動中などの時間でも商品選びができて便利です。

【ハーモニック:テイク・ユア・チョイス アマリリス】

参考価格:3564円(税込)

掲載点数は1800点以上と、こちらも多彩な商品が掲載されています。

中でも、動物園や水族館など、レジャー施設のチケットの種類が多いのが魅力的です。

お子さんがいるファミリー世帯でも喜んでもらえるギフトカタログです。

リンベルとハーモニックは、商品の数はあまり変わりませんが、内容がそれぞれ違うので、比べて選ぶことをおすすめします。

個性的なギフトへ!ひと味変わったギフトカタログ

カタログのギフトは、グルメから文具、家電などの多種多様なカテゴリーから商品を選べるところが魅力の一つです。

その一方、グルメに特化したものやグッズに特化したものなど、専門的なカタログが多く登場しています。

その中から、ブランドに特化したギフトカタログをご紹介します。

ブランド特化型のカタログは、消費税を入れると3000円台を超えてしまうことがありますが、予算に少し余裕がある場合は検討してみてください。

【マイルーム:BEAMS CATALOG GIFT Orange】

参考価格:4104円(税込)

セレクトショップでおなじみのビームスは、ギフトカタログに掲載されることが多いブランドの一つです。

センスが光るグッズやカトラリーは、カタログ限定の商品も多数掲載されています。

掲載点数は110点ほどあり、様々なカテゴリーから選べます。

ビームスというと、若い方向けのギフトに感じますが、全国に店舗があるので知名度は高く、幅広い世代に親しまれています。

ひと味違うギフトとしておすすめのカタログです。

ギフトには3000円台のカタログで気持ちを込めて

3000円台という予算でも、ギフトカタログの種類は多く、贈る相手によってカタログを選べます。

定番の総合カタログや、グルメやブランドに特化したもの、様々な体験だけを集めたものなどあり、カタログギフトは個性的に進化している印象です。

いろいろなお祝いに、こだわりのカタログギフトを贈ってみましょう。

 - カタログギフト, ギフト