大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア│GIFTEST

大切な人に最高のギフト(贈り物)をプレゼントするためのギフト通販メディア

見えないところも気配りを!礼服に相応しいベルトとバックル

2019.11.17

冠婚葬祭で礼服を着用する時に、相応しいベルトがあることをご存知でしょうか。

葬儀の時はもちろんですが、結婚式や披露宴の席にもそれぞれ相応しいベルトとバックルがあります。

今回は、礼服に相応しいベルトとバックルをわかりやすくお伝えします。

男性用だけでなく、女性用もご紹介していきます。

バックルの主なものは4種類!シーンに応じて合わせていこう

礼服の時、男性はベルトを着用することが多くあります。

ベルトは多くの種類がありますが、そのベルトを締めるバックルは主に4種類に分けられます。

それは、ピン式、バックル式、トップ式、リング式の4つです。

ピン式バックルは、現在多くのベルトに使用されているデザインです。

ピンバックルとダブルピンバックルがあり、針と針を通す穴の数で分けられます。

次にバックル式です。

バックルでベルトをはさみ込んで固定するデザインで、布ベルトに多く使用されています。

ベルトに針を通すための穴がないことが特徴です。

トップ式バックルは、バックルの裏側に突起があります。

この突起をベルトの穴などに固定するタイプです。

デザイン性に富み、大きなロゴなど目立つものも多く、ブランド物に多く使用され、ピン式に比べてゆったりと締められる特徴があります。

また、トップ式のサイドリリースバックルは主に布ベルトに使われ、軍服などミリタリーベルトに使用されます。

最後にご紹介するリング式バックルは、O型やD型の2つのリングにベルトを通して固定します。

布や柔らかい革製のベルトに使用され、カジュアルなデザインです。

葬儀の際に着用するベルトに牛革製?礼服のポイントは控えめ

葬儀など礼服を着用する時に合わせるベルトは、バックルだけでなく全体に目立たないように控えめにすることがポイントです。

具体的には、ベルトはツヤのない牛革のものを着用します。

一般に葬儀の席には革製のものは殺生を連想させるので控えますが、ベルトと靴はむしろ革製を使用します。

革は牛革がベストでヘビ革やワニ革は避け、型押しのない、無地のシンプルなものを合わせます。

そして、大切なことはベルトの幅とステッチです。

ベルトの幅が広いものはカジュアルになり、極端に細いものはファッション性を演出しますので礼服には不向きです。

そこで、ベルトの幅は2.5cmから3.5cm位のものがおすすめです。

また、ステッチは細かい幅のベルトと同色の黒い糸のものが礼服にマッチします。

したがって理想のベルトは、牛革製の黒のツヤのない無地で幅は2.5cmから3.5cmが最適です。

その上で、同色の糸で細かいステッチが両端に施され、端の部分が薄く真ん中に行くほど膨らんでいることも求められます。

ただし、礼服でもベルトを着用しない例外もあります。

タキシードや燕尾服、モーニングではサスペンダーを着用しますので、ベルトの準備は必要ありません。

礼服におすすめのベルトのバックルは?ピン式?バックル式?

礼服に合わせるベルトはツヤのない黒無地が最適ですが、バックルも黒色が理想です。

ピン式でもバックル式でも黒色にコーティングされているものが、最もフォーマルとされています。

そこで、おすすめのベルトをご紹介します。

【Gurscour:メンズベルト 本革フォーマル幅33mm】

参考価格:2,200円(税込)

黒色のオートロック式で、ピン式の天然皮革を使用したベルトです。

黒色にもブラック2とブラック4の2種類があり、ブラック4の方はバックルがより黒くなっています。

サイズはウエスト90cmから100cmまでと、100cmから110cmの2種類から選びます。

大きいサイズの方におすすめのベルトもあります。

【NEWHEY:ベルト メンズ 大きいサイズリバーシブル】

参考価格:3,200円(税込)

牛革製でバックルはピン式です。

少し丸みを帯びたものと、角張ったものの2種類のデザインがあります。

幅は3.2cmでベルトの長さが115cm、125cm、135cmの3種類あります。

ブラックとブラウンのリバーシブルデザインです。

次にバックル式のベルトをご紹介します。

【Flinelife(フリネライフ):オートロック式バックルベルト】

参考価格:3,680円(税込)

色はブラックです。

幅は3.5cm、長さが125cmで、ウエストサイズ110cmまで対応可能です。

バックルは亜鉛合金を使用したオートロック式で、長時間使用しても滑りにくい設計です。

お通夜のベルトは?社会人として揃えたい礼服用の小物

ベルトやバックルは上着に隠れて見えない部分ですが、ちらりと見えたり上着を脱いだりした時に、周囲を不快にさせないことも社会人としての大切なマナーです。

できれば、礼服用のベルトを揃えましょう。

礼服用のベルトが1本あれば、弔事はもちろん慶事にも使用できます。

社会人として礼服を揃える時に、礼服用の小物としてネクタイはもちろん、ベルトや靴、靴下、ハンカチ、ポケットチーフも準備しておきましょう。

今回ご紹介するベルトは社会人として、揃えておく時におすすめの礼服用のベルトです。

【CHAOREN:オートロック式バックル紳士ベルト】

参考価格:5,000円(税込)

多彩な色展開があるベルトです。

ブラックスーツベルト(色番号02)はツヤのないベルトに黒無地のバックルです。

ブラック(色番号09)はツヤのある無地のベルトに控えめな黒色のバックルです。

この他にも、ベルトやバックルには様々な色が用意されています。

牛革製の無段階のバックル式ですので、サイズの微調整も簡単です。

全長125cmのベルトはフリーサイズで、シンプルなデザインです。

社会人になれば、急なお通夜で会社から直行する場合もあります。

いつも仕方がないで済ませてばかりでは、社会人として成長できません。

そんな時におすすめのリバーシブルタイプのベルトをご紹介します。

【NEESE(ニーズ):ベルト メンズビジネス 紳士フォーマル リバーシブル】

参考価格:2,999円(税込)

素材は牛革100%で、ブラックとブラウンのリバーシブルタイプです。

サイズは幅3.2cm、長さが125cmあり、ウエスト107cmまで対応可能です。

リバーシブルのためカラーチェンジができますので、急なフォーマルシーンにも使用できます。

結婚式や披露宴の礼服には黒のベルト!バックルは派手でもOK?

結婚式や披露宴の時には、礼服のベストを着用するように、弔事の時より多少のおしゃれは許されます。

そうは言っても、極端に派手なベルトは不快に感じる方もいるので、シンプルなデザインを心掛けます。

黒色はもちろんですが、多少ツヤのあるデザインでもかまいません。

ただし、バックルは銀色が少し見える程度に抑え、金色はもちろん派手なデザインは避けましょう。

今回ご紹介するベルトは、黒色でツヤのあるタイプです。

ピン式の銀色のバックルですので、見えても大人しいデザインです。

【Calvin Klein(カルバンクライン):フリーサイズベルトck3021】

参考価格:5,300円(税込)

幅3.4cm、ウエスト110cmまで対応の牛革のピン式ベルトです。

バックルはクローム色で、オーソドックスなデザインです。

表は黒、裏は茶色で両面使用可能です。

日本では幅広い年代に人気のブランドで、ビジネスからフォーマルまでカバーします。

次に、お祝いの席に相応しい、本格メンズベルトを紹介します。

【長沢ベルト工業:NB017セドウィック社製ブライドルレザーベルト】

参考価格:11,340円(税込)

イギリスのセドウィック社製ブライドルレザーを使用したベルトで、裏はヌメ革、真鍮の金具を使用し、日本で職人が製造を行っています。

ベルトの幅は3cm、ウエストは99.5cmまで対応可能で、注文時に手続きするとベルトに名入れ加工が行われます。

女性が礼服を着る時のベルトは?

葬儀の時、女性の礼服はワンピースが基本ですので、ベルトは締めません。

また、スーツスタイルの礼服を着用する時も、ベルトが必要ないデザインを選びましょう。

どうしてもベルトをする際は、男性同様、牛革でつくられた黒色の無地のベルトを着用します。

女性用のバックルはピン式が主流ですので、銀色のシンプルなデザインにしましょう。

また、ベルトのステッチは男性と同じく細かいタイプを選択しますが、ベルトの幅はできるだけ細いものを選んでください。

理由は、女性のベルトはファッション性が高いため、弔事の席で着飾ることを避けるためです。

それでは、結婚式など慶事の時のベルトはどうでしょうか。

女性の礼服は慶事の際もワンピースが正装です。

そこで、サッシュベルトなどデザインに付随した共布のベルトやリボンは着用が許されます。

このような理由もあり、もともとのデザインにアレンジとしてベルトを付け加えることは、控えましょう。

しかし、どうしてもベルトでアレンジを加えたいこともあります。

そんな時は、リボンのついたゴム製のベルトをおすすめします。

いずれにせよ、弔事も慶事も、女性は礼服を着用した際にベルトの使用を控えたほうが良いでしょう。

社会人のマナーとして礼服とベルトをセットで揃えておこう!

礼服を着用する時のベルトとバックルのマナーをお伝えしました。

弔事も慶事も牛革製の無地のベルトで、できれば黒色のバックルがおすすめです。

女性の礼服はワンピースが主役ですので、後付けのベルトは控えましょう。

いずれの場合も、目立たないように、かといって普段用のベルトを使い回さないように、礼服用に一本ベルトを準備しておきましょう。

 - 冠婚葬祭, 礼服