社会人はビジネスメールで失敗しない!メールマナーを知ろう

社会人はビジネスシーンで、メールのやり取りは必要不可欠なものです。

メールは相手の顔も声も見えない文面でのやり取りになるため、失礼のないようマナーを守ったメールを送る必要があります。

そこで今回は、ビジネスメールで失敗しないための、正しいメールの作成方法や送り方をご紹介していきます。

ビジネスメールのマナーを守り、基本的なメール作成をマスターしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご飯の食べ方で印象が変わる?最低限のマナーを知っておこう

食事は、生きていくうえで必要不可欠なものです。一緒にご飯を食べる相手がいれば、食べ方やマナー...

新社会人が知っておきたい話し方のマナー【初級編】

これまでの学生生活からがらりと環境が変わり、戸惑っている新社会人は多いのではないでしょうか。...

フレンチのフルコースで戸惑わない!基本的なマナーをご紹介

フレンチレストランでのフルコースの予定が入った際、楽しみな反面、マナーにおいて不安を感じますね。...

着付けは簡単にできる?夏は浴衣を着て子供と出かけよう!

夏になると浴衣を着てお出かけすることが多くなりますよね。花火大会やお祭りなど浴衣が映えるイベ...

箸の使い方が分からない子供にどのように教えたらよいか?

大人でも時々、箸の正しい使い方がわからない人がいます。小さな子供であれば、箸の正しい使い方を...

満員電車はマナーを守ってストレスを軽減!思いやりを持とう

朝の時間帯の電車は、会社へ出勤する会社員や、通学の学生で溢れかえり、満員電車となることが多いです...

食事のマナー!正しい箸の持ち方を子供にしっかり伝えよう

子供が上手にスプーン・フォークを使うようになると、そろそろ箸の練習を始めようと思う方も多いのでは...

箸の持ち方をどう教える?左利きの子供に箸使いを教えるコツ

大人になっても食事の場面では、箸の持ち方が気になりますよね。特にご自身のお子さんには、正しい...

面接で注意したいマナーには椅子の座り方も!良い座り方とは

就職活動では、面接も重要なものです。「しっかり受け答えすれば大丈夫!」と思う方も多いですが、...

ビジネスバッグのマナーは大丈夫?色・形・使い方を確認!

ビジネスシーンにおいて、マナーや慣習は数えきれないほどありますね。一つ一つ覚えて、スマートな...

ナプキンの使い方を学んでレストランで大人の振る舞いを!

大人になると、彼女や彼氏とのデートや友人との食事でレストランを利用する場面があるでしょう。ま...

もはや国民食!?パスタのあの食べ方はマナー違反かを検証!

皆さんの中には、「パスタが好き!」という方も多いのではないでしょうか。パスタは味の種類も多く...

「じっくり丁寧に」が大切!子供に教えたい食事マナーとは?

食事マナーは、大人だけでなく子供にとっても重要です。きちんと子供に教えておいてあげないと、大...

日本の風習「節分いわし」とは?いわしのおすすめの食べ方も

節分といえば、豆をまいて鬼を追い払い、福を呼び込む日というイメージが強いと思います。また...

結婚式で気を付けたいマナーとは?女性ゲスト向けにご紹介

結婚式のおめでたい席に招待されるのは、光栄なことですよね。女性にとっては、結婚式に出席する際...

スポンサーリンク

社会人はビジネスメールのマナーが大事!「To」「CC」「BCC」を使い分ける

社会人はビジネスメールのマナーを押さえ、相手に失礼のないようメールを作成しなければなりません。

それには、まず「To」「CC」「BCC」の使い分けをマスターしましょう。

普段メールをする人は目にする機会が多いこれらは、送信先のアドレスにつけるものです。

それぞれの役割を見ていきましょう。

・To

Toは直接メールの用件を伝えたいメインの相手につけるものです。

メールを送る相手が複数いる場合でも、全員にToをつけて送信可能です。

受信した相手は「自分に用事がある」と解釈するため、大事な用件は必ずToをつけて送りましょう。

・CC

用件を複数人で共有したい時に使用します。

CCでメールを送ると、受信者は他の受信者のアドレスも確認できてしまいます。

情報漏洩にならないよう、同じ部署内などで共有したい情報などの際に利用しましょう。

・BCC

多くの人と情報を共有したい場合に使用します。

前述の2つとは違い、ToとCCの受信者はBCCの受信者を確認できないようになっています。

そのため、複数人にメールをしたい場合で、特定の送信先を隠してメールを送ることが可能です。

ビジネスメールで「件名」を書く際のポイントは?

社会人はビジネスメールの基本的なマナーを頭に入れて、メールを作成する必要があります。

ここではメール作成でとても大事な「件名」について考えていきましょう。

件名とはメールの題名のようなもので、受信者の目に最初に触れる「メールの顔」です。

そのため、必ず読んでもらえるよう、具体的なポイントを踏まえた件名にすることが大切です。

以下で具体的なおすすめの例をご紹介しましょう。

・日付を入れる

例:◯月◯日合同会議の時間変更のお知らせ

・具体的な名称を入れる

例:◯◯◯イベント開催のお知らせ

・用件が複数ある場合

例:合同会議変更の資料+打合せ時間について

・はっきりした意図がある場合

例:お見積もりのご確認のお願い(◯月◯日付け)

・【】を利用して緊急性を出す

例:【重要】◯月◯日合同会議の時間変更のお知らせ

以上のように、具体的な用件を書くと相手の目に留まりやすくなります。

件名は20文字以内を目安に収めると、末尾が切れてしまうことがないためおすすめですよ。

社会人のビジネスメールのマナー!「宛名」は忘れずに入れる

社会人のビジネスメールで、マナーとして忘れてはいけないのが「宛名」を書くことです。

送信したメールの1行目に、宛名として「会社名」や「名前」を書くことで、迷惑メールではないという証になります。

また、間違いメールと混同されることもなくなります。

以下で宛名に入れる一般的な情報をご紹介します。

【宛名として書く情報】

・会社(団体)名
・部署名
・役職名
・名前
・敬称

以上を書くことが基本的なマナーとされています。

ここで宛名の例を見ていきましょう。

【宛名の例】

・○○株式会社 △△部 部長 田中 様

「山口部長様」などと、役職と敬称を重ねて書くことはマナー違反のため注意してください。

「山口部長」と書いた場合は「様」は省き、「部長」と書いた場合は「山口様」と続くのが正しい書き方です。

また、CCなどで複数人にメールを送る場合の宛名の書き方は以下の通りです。

【団体宛の例】

・○○株式会社御中

または

・○○株式会社 △△部御中

【複数人に送る例】

・○○株式会社 山口様、吉田様、林様

上記のように名前を入れる場合は、必ず役職順に書くようにしましょう。

マナー違反に注意!「メール本文」は構成を頭に入れておこう

社会人がビジネスメールを送る際は、メール本文の「構成」を頭に入れておくことをおすすめします。

ビジネスメールは、「あいさつ文・本文・結びの言葉」の3つで成り立っています。

この構成を無視したメールを送ると、マナー違反となってしまうため注意が必要です。

では、順番に内容を見ていきましょう。

①あいさつ文

まず、最初にあいさつ文を書くのが基本ですが、その時に自己紹介も忘れずに付け加えます。

よく使われる基本的なものは以下を参考にしてください。

【基本のあいさつ文】

お世話になっております。

○○株式会社の△△部の○○です。

メールは簡潔に用件を伝える媒体なので、手紙のような時候のあいさつは必要ありません。

②本文

あいさつ文の次にくるのが、用件を伝える本文です。

件名で伝えたことを、具体的に分かりやすく書く必要があります。

いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように・いくらで(これを5W2Hと呼びます)を意識して、簡潔に伝えていきます。

ポイントを押さえ、箇条書きで伝えるのも良いでしょう。

③結びの言葉

最後は結びの言葉で締めくくります。

一般的には「どうぞよろしくお願いいたします」などで締めくくることが多いようです。

もし返事が欲しい場合には、「ご多忙のところ恐縮ですが、ご返事いただければ幸いです」などで、締めの言葉としましょう。

メールの最後は、自分の署名を忘れずに書いてくださいね。

社会人のマナー!ビジネスメール送信時に注意すること

社会人は正しいビジネスメールを送ることがマナーとされています。

相手に失礼にならないよう、メールの送信時は十分に注意しなければなりません。

ここで、ビジネスメールで注意したいポイントをいくつかご紹介しましょう。

●添付ファイル

メールで添付ファイルを送る場合、容量が大きいと受信側に負担がかかります。

事前にZIPで圧縮してから送る配慮が必要です。

また、10MBを超えるファイルは圧縮できないため、大容量転送サービスなどの利用をおすすめします。

●ウイルスチェック

添付ファイルにウイルスが感染していた場合、自社でだけでなく、相手の会社全体にも影響を及ぼす心配があります。

必ず送信前にウイルスチェックを行いましょう。

●文面のチェック

メールの内容を再度確認し、宛先や件名に間違いがないか確認する習慣をつけましょう。

本文はわかりやすい文章であるか、またCCやBCCをつけ間違えていないかなど、最終確認をします。

社会人なら知っておこう!ビジネスメールのマナー違反

ビジネスメールで特に注意したいのが、間違った文法や、間違った言葉選びです。

正しくない言葉を使うのは、社会人としてあり得ません。

ここでは、よく間違いがちな文法を一部ご紹介していきましょう。

・「ご苦労様です」

「ご苦労様」は、目上の人が目下の人に対して使う言葉です。

そのため、社外の人や目上の人に使うのはマナー違反なので注意してください。

・「了解しました」

分かりましたと同じ意味を持つ「了解しました」は、丁寧語にあたるため、尊敬語ではありません。

社外の人や目上の人に使う場合は「承知しました」「かしこまりました」などを選びましょう。

・「お体ご自愛ください」

相手の体調を心配する良い言葉の印象が強いですが、「自」=体「愛」=大事にする、という意味になるため、実は二重言葉となってしまいます。

正しくは「どうぞご自愛ください」となるため、覚えておきましょう。

・「御社」

「御社」と「貴社」の使い分けに悩む人が多いですが、一般的に御社は口語で使う言葉です。

そのため、メールで使う際は貴社が正しいとされています。

間違えないように頭に入れておきましょう。

メールのマナーは意外に多い!しっかりと頭に入れておこう

今回はビジネスメールの作成・送信時に注意することをまとめてご紹介してきました。

目を通すと分かるように、ビジネスメールのマナーはとても多いですね。

そして社会人なら、マナーを守ったメールを送ることが当然と思われています。

社会に出るとメールを送る機会が増えるため、しっかりと頭に入れておき、マナーを守ったビジネスメールを送るようにしましょう。