結婚式への出席は礼服?ネクタイは白以外でもいいの?

結婚式というおめでたい門出にお呼ばれされたら、ふさわしいスタイルで出席するのが大人のマナーですね。

男性の場合、礼服に白ネクタイというイメージがあります。

ただ、必ずしもそうしなければいけないわけではありません。

では、結婚式の服装でさりげなくおしゃれを楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。

それでは、結婚式に呼ばれた際の服装についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お墓の納骨室は自分で開けていいの?種類や開け方を紹介!

お墓の中で、ご先祖様の遺骨が納められている「納骨室」。お墓にはなじみがあっても、納骨室内を実...

七五三の五歳のお祝いの由来と着付けの必需品とは?

七五三の五歳のお祝いに男の子は袴を着付けますが、その由来をご存知ですか?「かっこいいから」と...

七五三の着付けは簡単?5歳の男の子の健康をお祝いしよう!

男の子は5歳になると七五三をしますが、何のためにするのでしょうか。また、せっかくの晴れの...

通夜振る舞いの食事で知っておきたいマナー!参列者の心得

通夜が終わった後、故人を偲ぶ場として参列者に「通夜振る舞い」が行われます。料理や飲み物が提供...

礼服をスーツケースに入れたい!入れ方や礼服の意味をご紹介

礼服と聞くと何となく「かしこまったときに着るもの」というイメージを持つ方もいるでしょう。礼服...

七五三の髪型はどうする?日本髪のマナーや結い方をご紹介

女の子の子供を持つ親にとって、七五三が近づいてくると楽しみな反面、不安も出てきます。「衣...

礼服で結婚式に参列!スーツに合わせる靴下にマナーはある?

結婚式に参列する予定があると、礼服のスーツや靴を用意しますが、靴下の存在まで頭に入っている人は少...

還暦の同窓会の幹事に!式次第の決め方はどうしたらいいの?

いつになっても学生時代の友人たちと顔を合わせる同窓会は楽しいものです。その中でも、還暦記...

喜寿のお祝いに旅行をプレゼント!行き先や計画はどうする?

人生の節目となる喜寿のお祝いには、とっておきのプレゼントをしたいと考えている方も多いのではないで...

披露宴の食事で注意すべきマナーとは?料理を残すのはNG?

結婚式の披露宴に出席する場合、そこで提供されるフルコース料理を楽しみにする方も多いことでしょう。...

着付けで習う帯結びお太鼓!完全マスターで新しい自分を発見

着物を着る時に、自分で着付けをしたり着付けをお願いしたりすることがあります。女性が、ちょ...

七五三の着付けにも時代の変化が!男児の袴に慣わしを入れて

七五三の中で、男児がお祝いをするのは三歳と五歳の二回です。しかし、近年では男児の三歳のお祝い...

熨斗の印刷は自宅でできる?無料ソフトを使って簡単印刷

「熨斗が急に必要になった」「贈り物は準備したけれど熨斗紙が無い」と困った経験がある方は多いのでは...

初めての七五三!3歳の着付けはどこでする?家でもできる?

お子様の成長のお祝いにお参りをする行事である七五三。現在は、数え年または満年齢が3歳での七五...

お悔やみの訪問マナーは大丈夫?弔問時の挨拶や服装は?

訃報の連絡を受けたとき、私たちは遺族を訪問してお悔やみの言葉を述べる「弔問」を行います。...

スポンサーリンク

礼服には白のネクタイ?

結婚式に呼ばれたら、男性は礼服に白ネクタイかシルバーネクタイというのが昔からの基本スタイルです。

そのため特に、年配の男性は、礼服に白のネクタイを着用している方を多く見かけます。

具体的には、親族、主賓や上司といった立場の男性でしょう。

一方、若い男性の場合、礼服に白ネクタイは年配のイメージになってしまうため、避ける傾向にあります。

しかし、礼服に白ネクタイ以外でもマナー違反にならないのかという疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

近年では、カラーネクタイも好まれるようになり、結婚式でも多くの方が着用していますので、マナー違反ではありません。

そのため、若い男性を中心にカラーネクタイを身につける方が増えています。

明るいカラーネクタイは、おめでたい席で華を添えますね。

ただ、親族として出席する場合、地域によっては礼服に白ネクタイが未だ定着していることもありますので、注意が必要です。

結婚式のネクタイでNGは?

近年の結婚式出席の身だしなみとして、礼服に白ネクタイ以外でもマナー違反にならないとお伝えしました。

しかし、結婚式という格式高い式に出席するのですから最低限のマナーは知っておきましょう。

男性の場合、ネクタイは服装の印象を決めるアイテムです。

では、結婚式で避けるべきネクタイについて見ていきましょう。

●黒

黒ネクタイは結婚式には不向きです。

縁起が悪い印象を与え、マナー違反となるので気をつけましょう。

礼服に黒ネクタイは、喪服をイメージさせます。

そのため、黒に近いダークなネクタイ、黒がメイン色のネクタイも避けるべきでしょう。

ただ、蝶ネクタイやバロックタイであれば、黒でも問題ありません。

●アニマル柄

ヒョウ柄、ゼブラ柄、クロコダイル調といった動物をイメージさせるデザインのネクタイは避けましょう。

動物を殺生するイメージがあるため、おめでたい席に相応しくありません。

●奇抜な柄

大きな花柄や派手な水玉など、主役である新郎新婦より目立ってしまう奇抜な柄のネクタイは避けましょう。

礼服定番の白ネクタイよりシルバーがおしゃれ!

結婚式に親族として出席する場合、礼服を着用し、白ネクタイを身につけるのが基本です。

しかし、白ネクタイに抵抗のある男性も少なくないはずです。

先ほども少しお話ししましたが、礼服に白ネクタイが定着している地域では悩んでしまいますね。

そこでおすすめなのが、シルバーのネクタイです。

白ネクタイと同様に礼服にあわせられるシルバーネクタイは、身につけやすいですね。

特に、年代問わず人気が高いとされるのが「シルバーグレー」です。

シルバーグレーは光沢感があるストライプ柄がおすすめです。

ストライプ柄が正式とされていますが、それにこだわらず、小紋柄やドット柄でもおしゃれですね。

シルバーグレーのネクタイは、白ネクタイと同様に格式高い結婚式にも問題ありませんし、カジュアルな結婚式、二次会でも身につけられますから、活躍の場が広いネクタイといえます。

ぜひ、1つは持っておくといいでしょう。

品のあるネクタイといえばシャンパンゴールド

ここでは、上司や主賓としての立場で結婚式に出席する際のネクタイについてお話しします。

礼服に白ネクタイは格式高いスタイルです。

上司や主賓は、親族より少し格をさげつつも、出席者の中では格の高いスタイルにするというマナーがあります。

その場合、礼服に品があるネクタイを身につけましょう。

とはいえ、品のあるネクタイが思いつかない方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめなのが、「シャンパンゴールド」です。

ゴールドのネクタイでは、主張が強すぎて目立ってしまいますが、シャンパンゴールドであれば明るめのベージュなので、控えめながら上品な輝きを放ちます。

白やシルバーのネクタイ以外で、さりげなくおしゃれですね。

落ち着いた大人の雰囲気を出すにはおすすめのカラーです。

嫌みがなく、好印象を与えるシャンパンゴールドは、上司や主賓として出席する結婚式におすすめですよ。

友人として出席するなら礼服や白ネクタイ以外でもOK?

礼服に白ネクタイは親族や主賓が着用しますが、若い男性の場合、必ずしも礼服でなくても大丈夫です。

礼服以外で結婚式に向いているスーツは、ダークな色が無難でしょう。

グレーやネイビーであれば問題ありません。

さらに、ダークなスーツにさりげないストライプ柄が入っているデザインもおしゃれですね。

ただ、白のスーツは新郎とかぶってしまう可能性が高いため避けましょう。

また、チェック柄などのスーツはカジュアルすぎてしまいますから、格式高い結婚式には不向きですが、平服で出席可能なカジュアルな結婚式や二次会であれば大丈夫な場合もあります。

そして、ネクタイですね。

おめでたい席ですから、明るいカラーのネクタイにしましょう。

おすすめは下記のカラーです。

・ピンク
・ブルー
・イエロー

光沢感のあるパルテル系のカラーは人気が高いですね。

華やかなカラーネクタイでお祝いムードを盛り上げましょう。

ポケットチーフやネクタイピンを取り入れておしゃれに

結婚式では礼服や白ネクタイが定番ですが、ポケットチーフやネクタイピンを取り入れると、個性を出せますね。

特に、シルバーグレーのネクタイやシャンパンゴールドのネクタイ、カラーネクタイには、ネクタイのカラーにあわせたポケットチーフを取り入れましょう。

さりげなく見えるポケットチーフがシンプルなファッションにアクセントをつけます。

ポケットチーフは、3つの山が見えるスリーピークスという折り方が基本ですが、カジュアルな結婚式ではその限りではありません。

例えば、パフは、ふわっとまるく半円を出すようにポケットに差し込みます。

丸い曲線のポケットチーフが、やわらかな印象を与えますね。

また、ネクタイピンをつけることにより、ネクタイが遊びにくくなり邪魔になりません。

食事の際の汚れを予防するといった役割の他、ファッションのアクセントになります。

さらにネクタイピンは、ネクタイを持ち上げるという役割があるようです。

びしっと決めたスーツにネクタイピンでふわっと持ち上げたネクタイが、ワンランク上のおしゃれに磨きをかけます。

最後に、結婚式でのネクタイの結び方についてです。

ネクタイは結び目の下にディンプル(くぼみ)をつくると立体感がうまれ見栄えが美しくなります。

さらにフォーマル感を格上げするポイントになるため、ネクタイを締めるときはぜひディンプルを意識しましょう。

礼服と白ネクタイ以外でも結婚式に出席できる

結婚式にお呼ばれされたらマナー違反とならないように気をつけましょう。

礼服と白ネクタイは親族や上司、主賓といった方が着用することが多い一方、若い男性はダークスーツにカラーネクタイというスタイルでの出席が多い傾向にあります。

より華やかさを出すならば、ポケットチーフやネクタイピンを取り入れるといいでしょう。

結婚式にふさわしい華やかなスタイルでお祝いムードを盛り上げましょう。