通夜の開始時間に間に合わない!遅刻する際のマナーとは?

訃報は突然ということもあり、都合がつかず、通夜の開始時間に間に合わないこともあるのではないでしょうか。

万が一、通夜に遅刻してしまう場合、どのような対応をするのが望ましいマナーなのかは知っておきたいところです。

この記事で、通夜の開始時間や所用時間を知り、遅刻する場合のマナーについてしっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

着付けの前に知っておこう!袴を着ける時の男性の和装豆知識

男性が袴を着付ける時は、成人式や結婚式、パーティーなどのイベントが中心です。しかし、袴の着付...

お墓の納骨室は自分で開けていいの?種類や開け方を紹介!

お墓の中で、ご先祖様の遺骨が納められている「納骨室」。お墓にはなじみがあっても、納骨室内を実...

七五三を迎える三歳の女の子!着付けや化粧の仕方もご紹介

三歳になると七五三のお参りに行きます。しかし、初めての七五三となれば「どんな着物を着せたらい...

披露宴の日に渡すご祝儀!袋の選び方・渡し方のマナーを解説

結婚式披露宴に招待されたら、披露宴前に受付でご祝儀を渡すことと思います。そのご祝儀にもさまざ...

ハワイウェディングで大切なゲストに贈るおすすめギフト

ハワイウェディングは、大切なゲストが日本から駆けつけてお祝いしてくれます。海外挙式では引き出...

【葬式のマナー】知っておきたい挨拶の仕方や言葉遣い

葬式や通夜に参列するとき、挨拶の仕方や言葉遣いで困ったことはありませんか?気落ちしている遺族...

礼服のマナーが気になる!ダブルスーツには年齢が関係する?

年齢を重ねるにつれ、冠婚葬祭など礼服が必要な場面が増えてきますよね。事前に礼服を準備しておく...

七五三の男の子のお祝いの意味は?袴を着付けて凛々しく成長

七五三は、子どもの成長の節目に合わせて行う、通過儀礼のお祝いです。女の子は、3歳と7歳で...

印象が決まる引っ越しの挨拶!知っておきたいマナーとは?

家族での引っ越しや、進学や就職での一人暮らしなど、引っ越しをした経験がある方は多いのではないでしょう...

お墓に納骨するまでの流れは?お供え物にふさわしい物は?

大切な人が亡くなり、慌ただしく葬儀を済ませ、初七日を迎えてひと段落したころに、今度は故人をお墓に...

相場はいくら?教会での結婚式のご祝儀の金額とマナー

いつの時代も結婚式のマナーは、知っているようで知らないものです。教会で挙式のみの結婚式や...

相手からの印象も左右する!自宅訪問時の重要マナーあれこれ

自宅訪問をする際、相手の迷惑にならないためにも、マナーのある行動を心掛けたいものです。できれ...

還暦祝いにちゃんちゃんこを贈りたい!しまむらでも買える?

還暦のお祝いに「ちゃんちゃんこ」は欠かせません。しかし、いざ購入するとなると、どこで買う...

七五三の着付けにも時代の変化が!男児の袴に慣わしを入れて

七五三の中で、男児がお祝いをするのは三歳と五歳の二回です。しかし、近年では男児の三歳のお祝い...

七五三のおすすめヘアセット!7歳の男の子・女の子の髪型!

七五三は、子供の健康を祝い、これからの健やかな成長を祈るという儀式です。そのような大切なイベ...

スポンサーリンク

通夜の開始時間や所用時間は?何分前に到着するのがマナー?

通夜の遅刻に際するマナーを見ていく前に、まずは通夜が始まる時間や所用時間についてお話ししていきましょう。

そもそも通夜とは、一般的に亡くなった翌日に行う儀式で、故人にゆかりの深い人々が集い、最後の冥福を祈ります。

「通夜」という言葉から、夜通しで故人を偲ぶイメージをする方もいるかもしれませんね。

確かに、「通夜」とはもともとお釈迦様が亡くなった際に、弟子たちが夜通し語り合ったことを起源としており、実際、明治時代まで夜通し行われていた儀式でした。

しかし、現代では「半通夜」という日を跨がない形に変わり、一般的には18~19時頃からおよそ2~3時間程度で解散します。

受付は、通夜が始まる30分~1時間ほど前に開始されますが、遺族・親族は1時間前に会場に到着していることが望ましいでしょう。

また、弔問客は通夜開始の15~30分前に集まることがマナーです。

通夜の開始時間に間に合わない!遅刻しても駆けつけるべき?

通夜に足を運ぶ時間は、遺族・親族なら開始時間の1時間前、弔問客なら15~30分と余裕を持って動くことが望ましいマナーです。

しかし、仕事の都合や遠い場所に住んでいる場合など、どうしても開始時間に間に合わないこともあるでしょう。

そんなとき、「遅れるくらいなら後日きちんと弔問しよう」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、結論から言うと、30分~1時間程の遅刻であれば、通夜はあきらめずに駆けつけて参列するべきです。

通夜の場合、多少の遅刻をしてでも駆けつけることは、「故人のためにありがたい」と遺族の方も思ってくれるはずです。

また、前述したように、通夜の開始時間は18~19時で、所要時間は約2時間です。

内容を詳しく見てみると、通夜式だけなら1時間、通夜式後の通夜振る舞いが1時間なので、通夜式が終わるまでにギリギリ間に合うか、通夜振る舞いから出席することができるでしょう。

特に、通夜振る舞いではお料理やお酒が振る舞われるので、場合によっては時間が押すこともあります。

そのため、通夜が始まって遅くとも1時間半までに駆けつけられれば問題ないでしょう。

通夜の流れを把握しよう!遅刻時の対応を速やかに

通夜に初めて参列する場合、通夜の具体的な流れが分からない方も多いはずです。

遅刻しても時間や日程を把握しておけるように、ここで通夜の一般的な流れについてより詳しく確認しておきましょう。

1時間前:遺族・親族が会場に到着し、控室で待機

30分前:受付開始、僧侶が到着して控室へ

15分前:弔問客が到着し、遺族・親族は会場に着席

通夜式開始:読経が始まり、遺族、親族、一般弔問客は順に焼香を始める

40~50分後:読経が終わり、喪主の挨拶で通夜式終了

1時間後~:通夜振る舞い

一般的な通夜式は以上のような流れで行われますが、地域によっては大きく異なる場合があります。

例えば、通夜振る舞いが簡素化している場合、1時間以上遅刻して参列しようとしてもすでに終わっているケースもあります。

したがって、どうしても遅刻する場合はより入念に通夜の日程を確認し、マナーのある参列を心がけるようにしましょう。

通夜への大幅な遅刻はマナー違反!遺族への配慮を優先して

遅刻してでも通夜には駆けつけるべきとは言え、2時間以上の遅刻はマナーとして望ましくありません。

と言うのも、通夜振る舞いが終わった後は、弔問客はすでに解散しているでしょうし、遺族・親族が残っていたとしても、翌日の葬儀の打ち合わせがあるなど忙しい時間を過ごしています。

よほど故人や遺族との関係が深くない限りは、通夜はあきらめて翌日の葬儀に参列するか、葬儀後改めて弔問するのが望ましいでしょう。

故人との関係が深い場合は、大幅に遅刻する旨を必ず前もって連絡したうえで駆けつけるようにしましょう。

なお、親族が遅刻する場合、翌日の葬儀の打ち合わせがあるため、通夜自体に間に合わなくても駆けつけるほうが賢明です。

いずれにしても、遅刻する場合は事前に連絡するのが最低限のマナーでしょう。

遅刻したらまずはお詫びの言葉を!通夜の遅刻マナー

では、実際通夜に遅刻した場合、どのような挨拶をして参列するべきでしょうか。

会場に到着したら、まずは受付に挨拶をします。

お悔やみの挨拶に加え、通夜に遅刻したことをお詫びし、通夜式へ案内を求めるのが良いでしょう。

30分でも1時間でも、通夜に遅刻した場合は必ず謝罪することが遅刻のマナーですが、受付が終わっている場合は葬儀会社のスタッフに声をかけて事情を説明します。

また、通夜式自体に間に合わなかった場合、挨拶をしたうえで焼香をしたいことを伝えます。

挨拶の仕方は様々ですが、以下の例文を参考にすると良いでしょう。

「この度は、まことにご愁傷様です。

本日は遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

焼香だけでもさせていただきたいのですが、まだ間に合うでしょうか」

お悔やみの言葉は心を込めて手短に行うのが弔辞のマナーですが、遅刻して急いでいる場合は特に簡素に済ませるようにしましょう。

また、受付での挨拶を始め、弔辞の場では「忌み(いみ)言葉」は避けるように注意します。

忌み言葉とは、「重ね重ね」「度々」など、同じ言葉を繰り返すことで不幸の連鎖をイメージさせるものです。

日本では古来より、言葉に霊的な力が宿ると信じられ、言葉にすることで現実の事象に影響するという「言霊信仰」が現代にまで根付いています。

言葉は無意識に自然と出てしまうものですが、できる限り意識して遺族に配慮するようにしましょう。

遅刻した際の香典の渡し方は?後日改める場合も

通夜に遅刻した場合、挨拶の他にも気になるのが香典の渡し方です。

お金に関することですから、香典トラブルを生まないためにも渡し方のマナーは事前にしっかり押さえておきましょう。

まず、通常であれば、香典は受付時に袱紗(ふくさ)から取り出して渡すだけですが、遅刻している場合は受付が終わっていることもあります。

そのため、香典をすぐに渡したい場合は、葬儀会社のスタッフに声をかけた際に香典を預けるか、通夜でのお渡しは控えるようにします。

翌日の葬儀に参列する際に持参するか、もしくは後日弔問する際に持参するのが望ましいマナーでしょう。

また、後日弔問する際は、葬儀の後処理に忙しい遺族の負担を考慮し、葬儀後3日以降を目安に訪問します。

ただし、必ず事前に訪問する日や時間を連絡し、弔問するようにしてください。

香典だけでなく、果物やお菓子など、故人が生前好んでいたお供え物も持参すると良いでしょう。

通夜には遅れてでも駆けつけよう

通夜には遅れないように参列することがベターですが、訃報は突然であるだけに、なかなか都合がつかない場合もあります。

少しの遅刻であれば駆けつけるようにし、マナーを押さえたうえで心を込めて参列しましょう。

また、大幅に遅れる場合は無理をせず、後日改めて弔問するようにしてください。